卵管造影検査を実施。痛みは・・・【体験談:第10話】


治療の一環でもある卵管造影検査

ほとんどの検査を実施し、最後に残っていた卵管造影検査は治療の一環でもあると説明されていました。
この検査を行うと、精子の卵管の通りが良くなる為、卵子と出会う確率も増え妊娠率がアップするようです。

ちなみに妊娠率が上がるのは検査後3ヶ月ほどです。
この期間はゴールデンタイムとも呼ばれ、妊活を行う夫婦は普段より性行為の回数を増やすなどして、妊娠率の向上を図ると聞きました。

クリニックによっては、検査前に鎮痛剤を服用もしくは挿入し、検査後の生理痛のような痛みを予防するところもあるようですが、私は何も服用せず検査開始されました。

この検査は、卵管に管を通して造影剤を流し、卵管に詰まりがないかどうか卵巣の形に問題がないかどうかを見ます。
使用した造影剤は、徐々にお腹の方へ流れていくので問題なく、検査翌日にレントゲンで無事に排出されたかどうかを確認してもらえました。

ピリピリするような痛み

私は造影剤の利用が初めてだったので、造影剤に恐怖心がありました。
実際、卵管に流した時は、ピリピリするような痛みがあり早く検査が終わって欲しいという感じでした。

検査自体はすぐに終わりましたが、その後すぐに生理痛のような痛みが出始めたので、処方された鎮痛剤を服用して30分くらい部屋で休みました。

卵管造影検査の結果は

結果はすぐに教えてくれました。
パソコンで画像をみながら卵管に詰まりもなく、卵巣の形も問題ないと言われました。

この検査を終えて、私にもゴールデンタイムがやってきたと思いました。
だから逆に普段より力を入れずに自然に取り組める気がしました。

不妊検査を始めて2ヶ月半が過ぎた頃でした。

ちなみにこの検査の金額は8000円程度でした。

東京都在住Kさんの不妊治療体験記 全15回

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊症チェック

    2015-3-29

    不妊症チェックリスト – 30項目 【女性編】

    不妊症?妊娠率セルフチェックリスト 妊活女子にとって、自分が不妊症なのかは当然ながら気になりま…
  2. 漢方 効果

    2017-10-18

    不妊に効く漢方薬ランキング!妊活するならこの漢方♪

    不妊に効く漢方薬。ランキング形式でおススメしてみました。 「漢方治療」と聞くと、正直ちょっとハ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る