全く自己流の妊活についてですが、私の体験談をお話します。

不妊治療として病院に行ったことはなく、全く自己流の妊活についてですが、私の体験談をお話します。
他の方の妊活よりも浅い内容かもしれませんが、自分なりに悩んだことや頑張ったこと、そしてこれが妊娠につながったのではと思うことがあるので、誰かの助けになればと思っています。

私は30歳で妊活を始め、3年後の33歳で授かりました。夫はひとつ年下です。

妊活といっても初めは避妊をやめただけで、そのまま自然な夫婦生活をするうちに授かれたらいいな、と思っていました。
夫も同じ考えでした。

二人とも願掛け、ジンクス、おまじないといった類の非科学的なことは信じないタイプなので、最後まで子宝のためにお参りに行った事もなければ、お守り類も持ったことがありませんでした。

「ラルーン」というアプリをスマホに入れて、使っていました。

夫と違う点は、私は生理日や排卵日を管理するための「ラルーン」というアプリをスマホに入れて、使っていました。

「排卵日」や「妊娠しやすい日」がカレンダーに表示されるので口には出さなくてもタイミングを意識してしまいますし、「悩み相談コーナー」で他の利用者さんの妊活相談を見ているうちに、妊娠についての知識がついていきました。

夫が自然にこだわる一方、私だけがだんだん子作りに意識的になってしまいました。

自己流でタイミングを探り、あり得る範囲で早めにしてみたり、排卵日ジャストにしてみたり、遅めにしてみたりとしましたが、一向に授かることなく2年以上が過ぎました。

「何か子どもができない原因があるのかもしれないから、一度病院に行って調べてみない?」

と夫に提案したこともありましたが、

「自然にできないならできなくてもいい。そこまでして欲しくはない」

と言われて病院には行かず終いでした。

結局自分なりにタイミングを合わせたり、身体を冷やさないように気をつけたりしかできることがなく、自分の年齢のことも気になり焦ってきていました。
そのころひとつ試していないことに思い当たり、タイミングはいろいろ試したものの、自分の思い込みで一月にする性行為は1回~3回と一定でした。

「自然な夫婦生活」を演出するため、全部をタイミングに合わせるのではなく、その中の1回をさりげなく排卵日付近に持ってくる感じでした。

「たくさんセックスをして新しい精子を出した方がいい」という意見があることは知っていましたが、私自身が頻繁にしたくないためか、否定してしまっていました。
「精子は日々作り変えられていて、行為の回数が少ないから古い精子というわけではない。月に一度の行為でも授かるケースはたくさんある!」というのが私の考えでした。

でもある日、後悔するよりはやってみよう!と思ったのです。

夫には特に理由は話さず、ただ「今月はたくさんHする月にしよう!」と言って、生理が終ってすぐから2~3日に1回するようにしました。
夫は何かイベントを楽しむようなノリで、何も言わずに応じてくれました。

季節も10月~11月のことだったので、くっついても暑くなく、服を脱ぐにも寒すぎず、今思うと調度お誘いするのに良い季節だったと思います。

どの行為が当たったのかは分かりませんが、結局このたくさんした一ヶ月で授かることができました。
タイミングは散々試したので、それまでと違う点は頻繁にしたということだけ。

3年間、生理が遅れたとしても真っ白だった妊娠検査薬に、やっとはっきりとラインを見ることができました。

ずっと否定してきたけど、「新しい精子」は関係あるのかな、と思わざるをえませんでした。

たった1回の妊娠経験であり、もしかしたらただの偶然かもしれないし、他の方にも当てはまるかどうか、分かりません。

でも私は病院にも行かず一人試行錯誤してきて、ひとつの思い込みに気付き、だめもとで試してみることで授かることができました。
もし少しでも参考になれば幸いです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2017-10-11

    タイミング法とは?【正しい方法】

    排卵日を予測して行う「タイミング法とは?」 不妊治療の中でも最もポピュラーなものが「タイミング…
  2. 2015-11-23

    冷え性は妊娠の大敵!漢方で対策・改善しよう。

    冷え性は妊娠にとって大きな障壁 日本女性の多くが悩む「冷え性」。 この冷え性は妊娠にとって、…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る