日本の生殖医療、クリニックへ思う事。頑張る人を支える周りのあるべき言動とは。【第28回】

不妊治療成功者 ブログ

【第28回】これからの不妊治療業界へ望むこと【Aさんの成功体験ブログ】

 不妊治療という言葉が少しずつ世の中に浸透しつつある昨今。
テレビ番組で取り上げられる事も増えてきたように感じます。

世の中の理解度、認知度も上がって来たのかと期待が出来ますが、果たして、不妊治療の現場や妊活の方を囲む周囲の現状とは、一体どうなのでしょうか。

メンタルケアの必要性

 私が通院していたのは、今から約2年程前。
この2年間で、クリニックの現場も変化があったかもしれません。

私が通院していた時に感じた事、それは治療が目的になりすぎていてメンタルケアが全くされていないと感じた事です。
診察や検査が流れ作業になっていると感じました。一人一人の心のケアをしてくれる機関が無い事を痛感しました。

 実際に通院していたクリニックだけではなく、妊活仲間からの情報や有名なクリニックの口コミなどでも同じような意見がありました。
赤ちゃんを授かる為には、高額な生殖治療を薦める。商売目的ではと思えるようなクリニックも、実際には多数あるのが現状のようです。

確かに、お金を積めばそれだけ授かる可能性も高くなる治療が経験出来ます。
この治療で授からなければ、次なるステップへ。

それを求めている患者さんには適切な診断かもしれません。
しかし、私のように金銭的負担が心配な方もいらっしゃるでしょう。

出来る限り自然妊娠に近い治療が良いという考えの方もいらっしゃるでしょう。

日々の不安や悩みは、誰に話せばよいのでしょうか。
そういうクリニックの在り方が、まだまだ現実には無いと感じます。

医学は、医療は日々進歩しています。
それにより、不妊で悩む方の減少が実現するかもしれません。
でも、医療と同じく大切なのは妊活を頑張っている人の心のケアです。

あなたは、周囲の方から「赤ちゃんはまだ?」と聞かれた事がありますか。

私は、家族からもご近所さんからも聞かれた事があります。

正直、義父には何度も聞かれ、怒りと悲しみが溢れ義父に思いの丈をぶつけた事がありました。
妊活を頑張っている方を支える周囲の方は、もっと自身の発言や行動に、目を向けて欲しいと思います。

何気ない一言や行動に、深く傷付く事があるほど、妊活中はとても心が疲れやすいのです。
昔の日本とは違い、現代人は現代社会はストレスで溢れています。

食生活の乱れや生活リズムの乱れ、これらは生活が豊かになった事の代償でしょう。
豊かさと引き換えに、不妊に繋がる要因をもたらしているのです。

昔はこうだった、妊娠するのは当然の事。
もう、そういう考えは時代遅れです。

メディアやネットを通じ、もっと世の中に不妊治療や妊活が浸透して欲しいと願うばかりです。
そして、妊活されている方を救う機関の設立が急がれると思います。

堂々と、私は妊活中ですと言えるような世の中であって欲しいと思います。

続きはこちら >>第29回「夫よ、ありがとう。我が子へ、心からありがとう。

不妊治療成功者「Aさん」のブログ【全30回一覧】

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊娠 女の子 産み分け

    2016-12-28

    私の産み分け成功談。2つのポイントは・・・【産み分けブログ】

    我が家には5歳の娘がいます。 ちょうど6年前のことです。当時5歳になる双子の息子がおりました。…
  2. 不妊治療 ブログ

    2017-3-21

    私の子宝ジンクスは「鏡」と「ザクロ」と…【体験談】

    私が実際に行った子宝ジンクスと、友人などが実際に行った子宝ジンクスをご紹介 子宝に関するジンク…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る