35歳。ドイツで初出産。出生前診断を受診して。【体験ブログ】

現在ドイツに在住しています。

35歳になる1ヶ月前、わたしは初めて出産を経験しました。
高齢出産と言われる年齢ギリギリでした。

ドイツでは35歳以上で出産する人は出生前診断を妊娠中にすることが義務になっているようです。
また保険も適用され、費用を支払うこと無く診断を受けることができます。

婦人科での検診の際、私は出生前診断を受けるかどうかを聞かれました。

私の場合は34歳だったのと、以前、卵巣の手術をしていたため、実費ではありましたが、受けてみることに決め、早速予約をいれてもらいました。

妊娠12週と21週、全部で2回の検査を受けました。

内容は、をとるものではなく、エコーでの精密な検査,日本で言うスクリーニング検査です。
診察台に横たわり、お腹の表面にジェルを塗り、あかちゃんの様子を診ていきます。

いつもの定期検査同様あかちゃんの様子を白黒の映像で確認し、先生はパソコンを使って、いろんな部位を測っていきます。
後日診断結果が発送されてきたのですが、それを見て、とても感心しました。

いつもの定期検診でチェックされる項目とは段違いのデータが書かれていました。
脚の長さや頭の大きさ、羊水の状態だけでなく、ダウン症の診断に必要な染色体の異常のリスク、首の浮腫などがグラフ化されていました。
平均値やリスクの確率がどのくらいなのかがグラフ化されており、お腹の中のあかちゃんが、いまどういった状況にあるのかがとても分かりやすかったのです。

幸いにも特に問題もなさそう、ということで、それ以上の検査は無く2回だけで終了しました。

日本では色々な意見があります。

出生前診断に関して、義務となっているドイツとは違い、日本では色々な意見があり、診断を受けるべきかどうかを,まず女性は悩まなければなりません。
私がなぜこの診断を受けたのかというと、事前に準備が必要だ、と考えたからです。

もし生まれてきてくれた子が五体満足でなかったら、何かしら問題を抱えていたら。。。親になるわたしたちがしてあげられることは何だろう、どういった環境が必要だろうか。
精神的に受け入れるということだけでなく、育てていくための設備も必要になることでしょう。


そうなると、生まれていてからすぐに全てを整えていくのは大変なことではないか。
もし事前に分かるのであれば覚悟や準備ができるのではないか。

そういった考えの元、出生前診断を受けることにしました。

日本においては、状況やとりまく環境も違うと思います。
しかし、新しい命を受け入れていく上で、出生前診断はひとつの準備材料になるのではないかな、と実際に検査をうけてみて実感しました。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 排卵検査薬

    2015-10-13

    排卵検査薬の正しい使い方。失敗しないタイミングとは?【妊活グッズ】

    排卵検査薬の使い方間違えてませんか? 近年若い世代でも不妊に悩む人は少なくありません。 不妊…
  2. 性病 検査キット

    2016-12-27

    膿精液症で精液の色が黄色になったら?

    精液が黄色になったら膿精液症??画像を見たい人は・・・ 精液の色が急に黄色くなったり、変色した…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る