32歳から妊活を始めた私。高齢出産を目の前にして・・・【体験ブログ:第1話】

絶対に子どもがほしいと、昔から強く思っていました

私が妊活を始めたのは32歳の時でした。
当時結婚したいと思っていた相手がいましたが、親が猛反対していました。
というのは、相手はバツイチで、前妻との間に二人の子どもがいました。

私は、
「この世に生まれてきたからには、自分の命をつないでいくことこそが人間としての役割だ」
「子どもを育てること以上にやりがいのあることはない」と思っていたので(このくだりは、子どもを授かることができなかった方には大変失礼な表現になりますが)、絶対に子どもがほしいと、昔から強く思っていました。その思いが強かったので、自分のタイムリミットにはいつも恐怖を感じていました。

そして、ようやく結婚したいと思える人に出会えたのに、今度は親の反対・・・人生はどうしてこんなにうまくいかないのだろうと思いました。

相手は、「子どもができなくても、○○(私)と一緒にいられればいい。」と言ってくれましたが、その発言は、自分は子育てをした経験が曲がりなりにもあるからいいじゃないか、と、私を一層卑屈な気持ちにしました。
もし子どもができなかったら、前妻に負けたような気持にすらなると思ったのです。

32歳という年齢を考えたとき・・・

私は、心のどこかで「高齢出産」を不安視していたので、親の許しをいつまでも待っているわけにはいかない、そう考えるようになりました。
折しも、その当時の上司が結婚3年目にして待望の赤ちゃんを授かったのですが、それを聞いて「3年もかかるのか・・・」と思わざるを得ませんでした。

そのほかにも、周りには「子どもがほしかったけど、授からなかった」、「奥さんが何度も流産をしている」そういった人の話をたくさん聞きました。

仮に親の許しを得るまでに2年、妊活に3年かかれば、40歳近くなってしまう。
そうすると、妊娠の確率は?妊娠しても、健康な子どもを授かれる確率は?(こちらも、先天性の異常があるお子さんをお持ちの方には失礼な表現になってしまいますが)子どもが成人したら私は・・・などと、とにかく年齢のことで頭がいっぱいになってしまったのです。

高齢出産のリスクを考えて早期に妊活開始

日々、年齢と妊娠の確率、流産の確率、染色体異常の発生率などをwebで調べ続けていました。

そこで、まずは「妊活をしよう!」と思い立ちました。

妊娠に向いている身体づくりは一朝一夕にならずと思いました。

いざ、子どもがほしいと思ったときに元気な赤ちゃんを授かれる身体になっていたかったのです。
また、その当時の自分にできることは、それしかなかったともいえます。

こうして、私の妊活がスタートしました。

Kさんの妊活体験記【全3話】

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. ノアルテン

    2017-9-26

    ベルタ葉酸サプリとダイエットで妊娠成功!【体験ブログ】

    ベルタ葉酸サプリの口コミ・評判を信じて。 私は兄弟が3人いました。兄弟の中でも1番上で長女…
  2. 妊活 成功談

    2017-9-27

    クリニック通院が楽になる私の工夫を紹介します。【体験ブログ】

    私は現在妊活歴約2年、不妊治療歴約1年の主婦です。 不妊治療のために通っている病院では採血…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る