私の不妊原因は卵巣年齢と子宮内膜が・・・【体験ブログ:第2話】

妊活のスタートは、「自分の身体を知ること」でした。

それがわからないことには、取り組みをスタートできません。
私は、以前に知り合いが「卵巣年齢(AMH)の検査をした」と言っていたのを思い出しました。

その知り合いは私よりひとつ年上の当時33歳、でも20代にしか見えないきらびやかな美人(自分でクラブを経営していたママです)でした。
その方も妊娠を希望しており、「検査をしたら卵巣年齢が20歳って言われたの!いつでも妊娠できるわ!」というようなことを言っていました。

私も、自分で言うのもなんですが30代には見られなかったので(と周りの人は言ってくれていました・・・)自分の卵巣年齢もけっこう若いんじゃないか、と自信をつけたくて、検査をすることにしました。
しかも、私は24歳~32歳まで低用量ピルを服用していたので、卵巣がだいぶお休みできていて、元気な状態なのではないかとも勝手に考えていました。

友人おススメのクリニックで検査開始するも・・・

卵巣年齢の検査は、知り合いに勧められた不妊治療専門のクリニックに行ってみることにしました。
その知り合いは、3年間妊娠ができなかったのに、そのクリニックに通ったら3か月で妊娠したといっていました。

また、そのクリニックを10人に勧めて、10人とも無事に妊娠できたとのことで、私も11人目になるべく、うきうきした足取りでクリニックに向かいました。

そして検査を受診。
卵巣年齢の検査だけでなく、受精卵の着床しやすさにかかわる子宮内膜の厚みの検査もしました。
これらの検査は比較的簡単で、不妊治療初期の人が受けるものです。

「卵巣年齢が若いですね~」と言われると思いきや、結果は・・・

2週間後、検査の結果が出ました。
「卵巣年齢が若いですね~」と言われるのを期待しながら・・・しかし、出てきた結果は「40歳相当」

子宮内膜も薄く、「はっきり言って妊娠しづらい」身体だったのです。
根拠のない自信があった私は、その場で泣いてしまいました。

どうして、何が悪かったのか。

先生は、「これ、という原因はない」とおっしゃいました。
つまり、これまでの生活の総合得点だと。それを聞いて余計落ち込みました。

なぜ、クラブのママよりも、普通の会社員の私のほうが生活の総合得点が低いのか・・・。

私の過去の中絶手術経験が影響している可能性

ただし、子宮内膜の厚みに関しては、過去の中絶手術経験が影響している可能性はある、と指摘されました。
私は24歳の時に、償いきれない経験をしました。

自分の甘さで、望まない妊娠をしてしまい中絶手術を受けたのです。8週。その当時、先生が「大きくなってるね~(胎児が)」と言ったのが忘れられません。
その報いだと思いました。

そして、残念ながら、「卵巣年齢が高いこと」「子宮内膜が薄いこと」に対する治療方法は、「ない」のです。

Kさんの妊活体験記【全3話】

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. Cさんの不妊治療体験ブログ全7回

    2016-9-30

    ブライダルチェックで子宮内膜症発覚。私が妊娠出来るまで。【体験ブログ】

    25歳での結婚。今の社会では比較的早いほうだったのではないかと思います。 しかし出産までは長い…
  2. 東京都在住Kさんの不妊治療体験記 全15回

    2016-8-9

    不妊治療を約2年。仕事と高額な治療費。【体験ブログ】

    治療が大変だった分、妊娠した時の喜びは誰よりも大きかったと思います。 私は病院に通院し不妊治療…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る