転院と人工授精・体外受精

転院先の高橋ウィメンズクリニックでまず先に行った検査は、血液検査(各種ホルモン値、性病検査)と子宮鏡、卵管造影、腹部X線、そして主人の精液検査でした。
私の検査に関してはどれも異常なし。

主人の方はやはり精子の数が少なめではあるが、人工授精で妊娠できるレベルであると言われ、ホッとしました。

合計5回の人工授精にチャレンジするも・・・

6月中旬に人工授精(AIH)からスタートさせ、同時に私は仕事を退職しました。
「今度こそ妊娠できる」そう信じ、10月まで計5回AIHをしましたが、結局一度も陽性反応を見ることはありませんでした。

精子量の問題以外に、もしかしたら今までの検査ではわからない部分の問題があるのかもしれない

2014年11月、「わからない部分の問題」を解決するためにも、私は早々に体外受精にステップアップすることにしました。

マイルド法ではなく、アンタゴニスト法で。

その時に医者から勧められた排卵誘発方法はマイルド法でした。この方法は体への負担が少ないとうメリットはありますが、採卵できる卵子の数がわずかになるというデメリットがあります。
私は少しでも多く採卵し、受精卵ができる確率を上げたいという思いから、アンタゴニスト法という一つ上の段階の誘発方法を選びました。

看護師さんから自己注射の方法を教わり、毎日決められた時間に自分でお腹の脂肪に注射をする日々が始まりました。

初めての採卵で得られた卵子はなんと・・・けれど

11月初旬、初めての採卵で得られた卵子はなんと45個。
しかし受精したのはわずか8つで、最終的にお腹に戻せるレベルまで育ったのは、わずか2つの受精卵と、ひとつの拡張胚盤胞でした。

培養士さんの考察としては

卵子が45個に対して8つしか受精しないのはあまりにも少な過ぎる。
精子が卵子に入っていく能力が弱い可能性がある。
今後、精子の数だけでなく、精子自身の運動性を図る検査を勧めます

ということでした。

やはり、通常の検査ではわからない部分の問題だったんだと納得しました。

その後、採卵後の腹水による体中の鈍痛ど吐き気と1週間戦いましたが、なんとか次の月には拡張胚盤胞を子宮に戻すことができました。

そして12月中旬、この一回の体外受精で、私は初めて陽性反応を目にすることができました。
胚盤胞移植後、何度か出血はあったものの無事心拍も確認でき、安定期を迎えることができました。

私の不妊治療体験談「Fさんの場合【全5回】」

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 漢方 効果

    2017-10-18

    不妊に効く漢方薬ランキング!妊活するならこの漢方♪

    不妊に効く漢方薬。ランキング形式でおススメしてみました。 「漢方治療」と聞くと、正直ちょっとハ…
  2. 妊娠 女の子 産み分け

    2016-12-28

    私の産み分け成功談。2つのポイントは・・・【産み分けブログ】

    我が家には5歳の娘がいます。 ちょうど6年前のことです。当時5歳になる双子の息子がおりました。…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る