ワインって妊娠・妊活に良いの?悪いのどっち?

ワイン 妊活 妊娠

ワインの日本人一人当たりの年間ワイン消費量は2.4リットルといわれ、欧米に比べたらまだまだ低いものの、いまだに右肩上がりで冷えているそうです。
特に日本においては女性からのワインへの支持が圧倒的とも言われており、このサイトを見ている女性にもワイン好きな方が多いんじゃないでしょうか?

そんなワインも言ってみればアルコール飲料。
アルコールは妊活女性にとっては避けた方が良いものという記事「妊活中のお酒・アルコールは良いの?」でも書きましたが、アルコールの日常的な摂取は不妊症の割合を向上させると記載しました。

がしかし、ワインに限っては原料がブドウであり、ポリフェノールなどの栄養素も入っていることから妊娠にはプラス!と考えてしまう方もいるようです。
そう考えるとちょっと悩んでしまいますよね。

今回はそんなワインって妊活・妊娠に良いのか悪いのか、考察してみます。

海外では1日2杯程度なら・・・という結果も出ているが・・・

海外の機関の発表によると、一日少量のワインで妊娠を促す可能性があるという検査結果を発表しました。
でしが、まだまだ発表の段階ですので鵜呑みにしない方が良いでしょう。

さらに言えば、同機関が一日2杯以上のアルコールの接収は妊娠率大幅に下がるという検査結果も発表しているのです。
また、この海外機関の検査は恐らく外国人(欧米人)で行っていると思いますが、日本人は欧米人よりアルコールの分解能力は総じて低いのでそもそもの検査結果が日本人に当てはまるかどうかも怪しいのです。

さらにワインのアルコール度数は14度ですのでビールの約2倍ちょっと。
少量でもアルコールの摂取量は多くなってしまうのです。

ワインのプラス効果 < アルコールのマイナス効果

ワイン ダメ 妊活 NG

結論から言えば、「妊活中のワインはダメ」です。

ワインの健康促進効果よりも、アルコールのマイナス効果の方が大きいと言えるからです。
もし、ワインのポリフェノール成分が欲しいならば、ブルーベリーなどの他の食品から摂取しましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 安倍昭恵 不妊

    2016-8-16

    安倍昭恵さんの不妊原因と治療・妊娠は?【不妊治療した有名人】

    安倍晋三首相の奥様である安倍昭恵さんが不妊で苦しんだ過去を告白 首相の妻として旦那の安…
  2. 産み分け体験談

    2017-1-22

    40代での2人目産み分けに挑戦して。【産み分けブログ】

    男の子の産み分けは完璧に行って80%で、女の子に至っては70%?? 私は、今年40歳になる主婦…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る