多くの不妊症の原因が冷え性

冷え性が妊活にとって悪い影響がある、とお伝えしてきましたが最もなものは冷え性により血流が悪くなり、ホルモンバランスが崩れる事です。
このホルモンバランスの乱れが様々な不妊症を引き起こすのです。
愚弟的に代表例をあげると、以下のような不妊症が冷え性が原因になり得ると言われています。

  • 排卵障害
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫

このように主要な女性の不妊症のほとんどが冷え性が原因になり得るのです。
(もちろん、冷え性だけが原因ではありませんが。)

血流が悪くなると、卵胞刺激ホルモンが分泌されにくく・・・

よく言われているのが冷え性により血流が悪くなると、卵胞刺激ホルモンが分泌されにくくなるという事です。
卵胞刺激ホルモンの分泌が少なくなれば、排卵が起こらなくなってしまい、結果として排卵障害を引き起こし不妊症の原因になってしまうのです。

また、卵巣への血流が不足すると、卵胞の発育が不十分になってしまい、同じように排卵しにくくなることも。

このように冷え性は不妊症にとっ大きな原因となり得るのです。

西洋医学では根拠はない???

いままでの話はほとんどが東洋医学を中心に言われている事ですが、実は西洋医学では「冷え性=不妊症の原因ではない」らしいのです。
どちらが正しいのかわかりませんが、結果的に冷え性を改善して妊娠した方の多さを考えればおのずと関連性は見えてきますよね。

まずは妊活は冷え性対策から始めていくことをお勧めするのには変わりはありません。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 体験談

    2017-2-3

    無排卵と診断された私の妊活・治療日記。【体験ブログ】

    私は小学4年生の夏休みに一度生理が来ました。 でもそれ以降何ヶ月も生理らしき出血はなく、小学5…
  2. Cさんの不妊治療体験ブログ全7回

    2016-9-30

    ブライダルチェックで子宮内膜症発覚。私が妊娠出来るまで。【体験ブログ】

    25歳での結婚。今の社会では比較的早いほうだったのではないかと思います。 しかし出産までは長い…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る