意外に侮れない、医療機関・クリニックでのストレス

不妊治療を始めて、最初に出会うストレスは医療機関とのコミュニケーションでした。
私は1つのクリニックに継続して通っているので他のクリニックとの比較は難しいのですが、不妊治療以外においても同じことが言える自分の体験からお話すると、医療機関と接するこちらの立場を作っておくことが私の場合はとても大切だったように思います。医師は私の願いをかなえる人ではなく、医療行為をする人。

必要な情報や健康への努力はこちらからも歩み寄ることが必要だということです。

毎回の治療結果にもナーバスになります。

不妊治療においては自費治療なので結構な金額を使うので、毎回の治療結果にもナーバスになります。

でも、医療機関頼みにしていては、成功は近づいては来ないと思いました。
現に今通っているクリニックは、設備も素晴らしいし技術も高いとは思います。

ですが、医療機関の人は“医療についての話をする”人なのであって、予防や対策には必ずしも明るいわけではないと感じています。
今のクリニックでの不妊治療においては、体外受精やタイミング、ホルモン治療の薬の処方はしてくれますが、栄養のことや、よい結果につながる“医療行為”以外の話はしてくれないのが実情です。

最初はそのことに反発心というか、不親切だなと不満を抱えていました。

しかし、そもそも医者は医療のスペシャリスト。他の事は・・・

でも、医療機関は医療のことを話す人であって、どうやったら子供ができるか、何が原因か、食事療法は、など治療以外のことの専門家ではないと、過度の期待を手放すことも大切だと学ばされました。
特に医師には、体のことを何でも知っている人と期待から見がちですが、彼らは医療機関が職場であって、彼らの職務を遵守している人なのだと見た上で付き合うことが大切です。

現に、不妊治療のクリニックで栄養のことも、血流のことも、一度も言われたことがありません。
また体外受精の移植で着床しなかった時の説明も私が知っている妊娠の知識とは異なることを言われました。

「染色体の異常で着床しなかったのでしょう。あとは確率ですからどの受精卵の染色体が正常かにかけて次も頑張りましょう」と。

着床は染色体だけの問題と、私の耳には聞こえましたが、果たしてそうなのでしょうか。

こちらを落ち込ませないように言ってくれているのでしょうが、この時も、不妊治療のクリニックで言われることはこの程度だと割り切りました。
技術はあると思うので次回にむけてまた体作りしながらその時を待つつもりです。

Nさんの妊活体験記【全7話】

40歳で10歳年下の男性と結婚し、今なお妊活中のNさんの妊活体験記【全7話】です。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活サプリメント ランキング

    2018-5-31

    妊活サプリメント 人気ランキング【2018年最新】

    人気妊活サプリメント売れ筋ランキング2018年! 一位はあの最強妊活サプリメント 世の中に…
  2. 高温期 グレープフルーツ 妊活

    2017-8-24

    グレープフルーツジュースで良質葉酸摂取!【妊活におすすめの食材】

    高温期にグレープフルーツジュースを飲んで妊娠率アップ! 妊活中の女性にとって葉酸摂取は…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る