冷え性は子宮内部の体温も下がるので妊娠率低下に繋がります

昨今、女性のなかで非常に増えてきているのが「冷え性」。
大きな原因は10代~20代のダイエット志向が大きな原因の一つと言われています。

これはもちろん、食事制限をして適切な栄養を取っていない事が理由であり、そのまま制限を続けていけば低体温状態に陥ってしまいます。

更には運動不足による基礎代謝の低下が起こり、血流の悪化を引き起こします。
これが原因で毛細血管への血流が滞り、手足やなどの冷え性が加速するのです。

まとめると、冷え性の原因は「ダイエット」と「運動不足」と言えます。

なんで冷え性は妊活に悪いの?

前述のとおり、冷え性は子宮内部の体温が下がるので妊娠率低下に繋がる言われています。
ダイエットや運動不足で栄養が足りなく、血流の悪い体はそれだけで不健康と言えます。

そんな人間のお腹の中に子供が宿りやすいとは思えませんよね。

子宮はお腹の中の子供用ベッドです。
温かくふかふかの状態で子供を迎える必要があるのです。

冷え性に効く栄養素は?

そんな冷え性対策として、一番重要なのは日々の食事改善です。
特に大事なのが

タンパク質
鉄分
ビタミンE

この3つの栄養素の摂取です。

タンパク質や鉄分は体温上昇の効果があり、ビタミンEは血行促進の効果が見込まれます。
これらをまんべんなく適切な量を摂取すると良いでしょう。

冷え性に効く食材は?

protein-for-health1

  • マグロの赤身
  • 玉子
  • 赤身の肉

これらの食材がタンパク質や鉄分を多く含み、調理もしやすい食事と言えます。

冷え性におすすめのサプリメントは?

  • プロテイン
  • マルチビタミン
  • マルチミネラル
  • ビタミンE

これらをサプリメントに記載ある指示量服用すると改善が見込めます。
日々の食事で足りないな・・・と思ったらサプリメントで補っていきましょう。

とはいっても、食事とサプリメントだけでは冷え性対策にはなりません。
しっかりとした運動が必須です。

おススメは週に3-4回の60分ウォーキングや、ヨガなんかがおススメです。
運動の前後にしっかりとストレッチをすることは血流も良くなり、怪我防止ににもつながるのでおススメです。

いきなりジムに通ったり、筋トレグッズを買うよりも、まずは簡単にウォーキングから初めて見てはいかがでしょうか。

その場合は最低でも20分以上連続して運動すると良いようですよ。

ブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」で代謝アップ!

改めてですが、不妊の元にもなる冷え性の原因は加齢からくる「基礎代謝の低下」が大きいとされています。

加齢によって筋力が落ちていくにつれて代謝が落ちていき、なんと10代をピークに下降していってしまうのです。

特に30代以降は10代の頃と比べて大幅に基礎代謝がおちていると言っていいでしょう。

簡単に摂取できる冷え性対策用の食事して運動しても代謝を上げる事ができますが、更に効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ゆっくりと食事や運動で妊活をしていくのも良いですが、加齢で衰えた身体を健康にしたい方、妊娠に向けて健康な身体づくりをしたい方、そのような方は一度ブロリコを試してみてみてはいかがでしょうか。

ブロリコ-口コミ-評判

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 風水 子宝 妊娠

    2015-2-7

    風水で子宝祈願&妊娠力アップ!

    風水で妊活!簡単に出来る子宝風水とは? なんと4000年の歴史があると言われる「風水」…
  2. 体験記 不妊治療

    2017-1-30

    私たち夫婦が妊娠出来たのは「思いやる心」【体験ブログ】

    結婚後は、赤ちゃんが欲しいからと言って、気持ちばかりが焦ってもなかなか妊娠できませんでした。 …

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る