妊活開始10か月後に妊娠。私たち夫婦がしたコト。【体験ブログ】


結婚をして4年目、夫と子供がそろそろ欲しいという話になり、妊活をスタートさせました。

規則正しい生活、バランスのとれた食事が妊活の基本だと考え、まず、一番手軽な食生活を2人で見直すことにしました。

妊活をスタートするまでは、2人とも平日は22時過ぎまで働いていて、夕食は23時を超えていました。
そのため朝は胃がもたれていて、朝ごはんにはコーヒーだけという、悪循環な食生活でした。

3食バランス良く食べ、朝ごはんをしっかり食べるように改善したかったので、夜ご飯は遅くとも21時は食べるようにし、忙しく帰宅できないとわかっている日は、お弁当を持っていき会社で夕ご飯を食べるようにしました。

特に私は、体を温めるたべものを食べるように心がけました。

昔から冷え性で、1年中足先や手先が冷たいにもかかわらず、冷たい飲みものや食べものが大好きでした。
体が冷えていると妊娠しにくく、体を温めることで、血流がスムーズになり栄養が体に行き渡ります。

そこで、妊活中は、常に手作りの生姜スープを持ち歩いていました。

すりおろした生姜と細かく刻んだ生姜を中華出汁で煮た簡単なスープです。
これを飲むだけで体がポカポカになりました。

今までコーヒーだけだった朝ごはんは、ほうれん草、にんじん、葉酸がたくさん含まれているグレープフルーツをミキサーにいれ、ジュースを作っていました。
氷を入れて冷たくしたいのを我慢し、常温で飲むように気をつけていました。

また、大好きで妊活をするまでは1日4、5杯は飲んでいたコーヒーをやめ、たんぽぽ茶を飲むことにしました。

たんぽぽ茶は、子宮の血流循環を良くし、質の良い卵子をつくる手助けをしてくれます。
また、コーヒーがどうしても飲みたくなった時は、たんぽぽコーヒーを飲んでいました。

そのほかにも、ルイボスティーや黒豆茶など、なるべくカフェインを取らず、体に良い飲みものを飲むように心がけました。

2人とも運動が大好きだったので、ジョギングと軽い筋トレを始めました。

平日は、以前より30分早く起き、夫と2人で軽くジョギングをしました。
ストイックに走るのではなく、夫と将来の話や子供が生まれたときの話をしながら、ゆっくりジョギングをしました。
また、筋トレは、テレビを見ながら腹筋を1日50回、背筋を50回、スクワットを100回しました。

過度な筋トレは、子宮に刺激を与えすぎたり、排卵周期が乱れてしまう場合もあるので、無理をしない程度の筋トレを続けました。

夫と楽しみながら妊活。

なにより、楽しくストレスを感じないように妊活をしたかったので、夫とネットで調べたり妊活の本を買ってきたりして、情報交換を夜寝る前にするのが日課になりました。

規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動に加え、葉酸サプリを飲み始めて、妊活をして10か月後に長男を妊娠することができました。

無理なく夫と楽しみながら妊活でき、赤ちゃんを授かることができたので、とても思い出に残る妊活になりました。

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-11-30

    40歳高齢女、5度目の体外受精で妊娠しました!【体験談】

    私が不妊治療を始めたのは、38歳後半。 4歳年下の主人との子どもが欲しくて、不妊治療を始めまし…
  2. 2017-11-8

    東尾理子さんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

    2017年11月、第三子妊娠発表!?東尾理子さんの不妊治療内容と妊娠、子供出産までの経緯 …

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る