夫が田舎に実家のある長男なので跡継ぎが必要で男の子を産み分け


現在38歳の専業主婦です。30歳と35歳の時に出産していますが、どちらの時も男の子が欲しくて産み分けをしています。

理由は夫が田舎に実家のある長男なので跡継ぎが必要で、親せきや知人からも男の子を産むように言われていたからです。



>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

中国式産み分けカレンダーを用いました。


確実に男の子を産むのは難しいことだと思いましたが、知人からは産み分けのために産婦人科に通うこともできると聞きました。

しかしそれだけのために病院に通うのもどうかと思ってしまいインターネットで男女の産み分けについて調べたところ、中国式産み分けカレンダーというものが有効であるということを知り詳しく調べてみました。

ホームページでは自分の生年月日を入力するだけで産み分けカレンダーが出てきて男の子ができやすい時期、女の子ができやすい時期と瞬時に表記され、わかりやすくとても便利に使えるものです。


ただ年齢も30歳間近だったので男の子ができやすい時期のみに子作りをするわけにはいきませんでしたが、男の子ができやすい時期には女の子のできやすい時期よりも子作りの日を増やすなど、真剣に産み分けに取り組んでいました。


また同じくインターネットで調べると、排卵期のどのタイミングで精子と卵子が受精するかによって男の子ができやすいか女の子ができやすいかということも違うということを知り、男の子ができやすいとされる排卵日とされるタイミングで子作りをしていたこともあります。


受精すると男の子になる精子は、受精すると女の子になる精子よりも泳げるスピードが速いものの、寿命が短いということから排卵日を狙って子作りをしていたのです。

実際に自分で排卵したかどうかを調べるのは簡単ではありませんが、基礎体温を測ったりドラッグストアで排卵検査薬を購入して自分なりに推測し、できる限り排卵日に受精できるようにしていました。


産み分けをしてみた結果は・・・・


こうして男の子が欲しくて上の子どもは子作りを始めてから2年後に、下の子は半年後に授かりましたが、いろいろ産み分けをしてみたにも関わらず二人とも女の子でした。

私たち夫婦に関してはいずれの産み分けも効果はありませんでしたが、インターネットでの口コミでは排卵日を予測したり中国式産み分けカレンダーを活用して希望通りの性別の赤ちゃんを授かったという人もかなりいたので、信ぴょう性は高いのだと思います。


広告:産み分けなら「ハローベビー潤滑ゼリー」


産み分けに関しては迷信・ジンクスも世の中にたくさん存在しています。
もちろんそれらも効果があるのかもしれませんが、その前にしっかりと科学的に産み分けすることをお勧めします。


そんな中、貴方が強く産み分けを望むなら、現状おすすめ出来るのは「ハローベビー潤滑ゼリー」一択です。


ph値の調整を行い、膣内の酸性度や精子の状況を産み分けがしやすい環境にしてくれるだけではなく、精子を男性から女性に届けやすくしてくれるので妊娠率そのものも上がるからです。


そして何よりも日本製品という「品質と安全性の高さ」が魅力ですね。

国産の高品質な「ハローベビー潤滑ゼリー」で産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

これだけの機能をもっているのにリーズナブルなのもポイント高しです。



>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-2-2

    ミトコアmore300mgの口コミ・評判は良いの?

    ミトコアmore300mgサプリメントのデメリットや弱点は? 最近の妊活系サプリメント業界で最…
  2. 2017-9-24

    和食中心に食生活全般を改めて妊活成功しました!【体験ブログ】

    今までは仕事が忙しいとどうしても食事に関して適当に済ませてしまうことが多かった 結婚し…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る