結局、3人目から4人目の間は4年半空きました。

その間に期間中に、主人は大きな病気を経験しました。
脳出血です。
高血圧が原因でした。

死んでいてもおかしくない状況でした。病気をしたときは、3人目の子がまだ生後9か月でした。

主人は、左半身に痺れと軽いマヒが残りました。リハビリを続けて、普通の生活が送れるまで3年かかりました。
その時の目標が、4人目がほしいということでした。

これは、家族としてこれから先も一緒に生きていくという希望でした。

2.妊活は、思うようにはできませんでした。

病気をしてから1年ほどたつころには、普通に歩けるようになり、起きている時間が増えて、1日机に向かえるくらいになりました。
主人は性行をしたいという気持ちはあっても、体が長続きしませんでした。

射精ができないのです。

もどかしい日々が続きました。

4人目ができたら、主人が元気になると私たち夫婦は考えていました。
何度も挑戦しました。妊活として、主人の男としての気持ちを取り戻すために、そして私自身が幸せになるためです。

その頃は、私自身も疲れ切っていました。
主人に代わって、フルタイムで働いていました。

仕事に育児に家事にとフル回転でした。
義理の姉には主人のことでいじめられ、精神的にもくたくたでした。
これでは、妊活はうまくいきません。

夫婦中もギスギスしていました。

3.私は、仕事の契約が終了したこともあり、別の仕事に変わりました。

環境が変わって、主人も少しずつ元気になってきて家事や育児を協力してくれるようになりました。
少し余裕ができた私は、料理を頑張りました。

家庭菜園で作った季節の野菜を親からもらって、野菜たっぷりの献立を作りました。
家族の健康を考えて、和食を中心に毎日具だくさんのみそ汁も添えました。

体の疲れが取れて来て、家族の笑顔も増えてきました。

主人の体の調子もだんだん良くなり、妊活ができるようになりました。

病気をする前と比べると時間は短いのですが、射精ができるようになりました。妊活ができる環境になったのです。
主人が1番うれしかったようで、毎日のように妊活に励んでいました。

その頃、私も今まで以上に赤ちゃんが欲しいと思って妊活に臨んでいました。
もしかしたらできるかもしれないと、主人が病気をしてから初めて期待をした3日間でした。

4.1か月後、私は体調を崩しました。

もしかしたらという気持ちと、やっぱり無理なのかなという気持ちでした。
それから2週間後、寝込むほどに体調が悪化していました。

原因は、つわりでした。
うれしかったです。

赤ちゃんができたことで主人はすっかり元気になり、社会復帰もできました。

妊活のおかげで、我が家に、希望の赤ちゃんが生まれました。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 子宝祈願 女の子 産み分け

    2017-2-15

    秋野暢子さんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

    子宮外妊娠で左の卵管を切除した秋野暢子さん 1957年1月18日大阪府生まれの女優として、今な…
  2. 体験ブログ

    2016-7-28

    9年間の不妊治療を断念しました。 【不妊治療体験ブログ】

    32歳で結婚、41歳の誕生日に不妊治療の断念を決意しました 32歳で結婚、年齢も30歳を越して…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る