私は初経が来てからずっと、生理が定まって来たことがありません。

具体的には、出血が2週間続いて3日ほど止血したと思えばまたすぐに出血が始まったり、ヒドイ時は半年くらい出血が止まらなないこともありました。

生理痛はほとんど無く、独身だった頃はその出血によって困ることはほとんどありませんでしたが、学校のプールの授業はいつも休まなければならず人目が気になったのを覚えています。

高校を卒業するかしないか頃から様々な婦人科に通いました。ピルを進めてくる医者もいましたが、古い認識からか体に悪いような気がして飲みませんでした。

何度もなんども通うのも面倒で、途中で病院に行かなくなったこともありました。

最終的には、まだ若いから結婚して夫婦生活をする頃にはきっと正常になってるよ?という楽観的な先生の言葉をひとまず飲み込み、あまり気にしないことにしていました。

しかし、いざ結婚を考える年頃になってくるとやはり、何とかしなければならないという思いになり、また一から通院して治療することを決意しました。

まず初めに行ったのが、カウフマン療法です。
プレマリンやプロゲストンを数ヶ月飲んでホルモンの正常化に挑戦しました。

しかし2年ほど続けましたが、結果はダメでした。

ホルモンのバランスも整わないまま、ついに結婚した私は本格的に不妊治療のために婦人科に通いました。

結婚して名古屋に来たため、どの病院が良いのか全くわからなかったのでまずは知り合いからのオススメの病院に行きました。

最初に通ったのは、美人な女医の先生の所で、毎回丁寧に内診しながら適切な投薬をしてくれました。

そこで、私は多嚢胞性卵巣であると診断されました。飲んだ薬はクロミッドなどです。

血行が良くなるように、漢方薬の当帰芍薬散も出してくれました。最終的にはクロミッドは1日2錠になりました。
それでもダメだったので、多嚢胞性卵巣の人に効くことがある奥の手ということで、糖尿の人が飲む薬を飲んでみては?ということで、挑戦してみました。
これを飲むとうまく排卵する人がいるそうです。

しかし、糖尿でもないのに無理やり血糖を下げる薬を飲むということがとてもストレスで、妙に気持ちが悪くなってしまいこの療法は断念しました。
ちなみにこちらでかかる費用は2週間毎に、少なくて2,500円ほど、多い時は4,500円ほどでした。

次は婦人科の中でも特に不妊治療に力を入れている所に行くことにしました。

これも、ネットで検索して人気だったので選びました。ここでは、さすが専門というだけあって、細かく検索していきました。

まず、月経中のホルモン検査のため、月経開始日より2?5日目に採血しました。
費用は2,040円~2,640円。そこでの結果はやはり、多嚢胞性卵巣でした。

クロミッドを3錠、一気に朝食前に飲むよう指示を受け、これで効かなければ薬は効かないのでホルモン注射になると言われました。
やってみた結果はダメでした。

ここの病院では注射の治療はやっていないとのことで、また私のような多嚢胞性卵巣の人はホルモン注射をするとお腹がパンパンに膨れてしまうので、最初から入院可能な所で治療を受けた方が良いと言われ、紹介状をもらって終わりました。

たまたま仕事仲間で妊活で苦労した人に出会いました。

注射、お腹の腫れ、入院、と考えただけでも嫌な気持ちになり悩んでいたところ、たまたま仕事仲間で妊活で苦労した人に出会いました。
その人は漢方の婦人科に出会って、すぐに一人目を授かったとの事です。

先生もとても良い人ということで、すがる思いで紹介してもらいました。
早速そこの漢方の婦人科に行ってみたところ、暖かい先生がよく話を聞いてくれて、私に一番あった良い薬をくれました。
そこでは内診することもなく、普段の体の変化を私が伝え、それをもとに薬が効いているか先生が判断されていました。

この道ベテランの先生で、いろんな人を診てきたので、とても信頼できました。

おりものが増えた、とか胸が張ってきたとか、少しの変化を大切にされる先生でした。
何より先生と話していると明るくなれるし、きっと大丈夫だ!という思いになります。

これはとても大切なことみたいです。

漢方を2ヶ月ほど続けましたが、不正に出血したり血が止まらなかったりしたので、西洋の薬も併用することになりました。
漢方と共にプレマリンとプロゲストンを1ヶ月飲み、その翌月は漢方のみにして自力で排卵が出来るかを見ていき、ダメならまたプレマリン、プロゲストンを服用して翌月は漢方だけにする、という、いわゆるショック療法というものでやっています。

今は3週間ごとにそこに通いながら細かく先生に話しています。

漢方は不思議な力があって、体全体のバランスを整えてくれます。
無理やり妊娠しても上手くいかないと思いますし、漢方で体を妊娠できる体に整えてから赤ちゃんを迎えられたらと思うと安心です。

先生の診察室はいつも笑い声が溢れていて、患者さんはみんな喜んで笑顔で帰ります。
ここの病院に出会えてとても感謝しています。

私は28歳なのでまだもう少し時間をかけてやっていこうと思います。まだ若い方には漢方の病院はオススメです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 体験談

    2017-5-31

    卵管閉塞と子宮内膜症を治療して妊娠した私の妊活。【体験ブログ】

    不妊4年目に入ったところで不妊治療を始めました。 結婚2年目にして、なんとなく妊活を開始し…
  2. プチ断食

    2017-8-25

    プチ断食の効果は?不妊症改善に効果抜群♪【不妊症に効くおすすめ妊活】

    プチ断食で内臓に休息を与えましょう 最近では不妊に悩んでいる女性は珍しくありません…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る