「たまご(卵黄)」には、様々な栄養素が含まれています


「たまご(卵黄)」といってもいろいろな種類がありますが、一般的に「たまご」というとニワトリの卵である鶏卵のことを指します。
「たまご(卵黄)」には良質なタンパク質を始めとする、人間の活動に必要なほぼ全ての栄養素がバランスよく含まれているので、これらの栄養素の働きにより、代謝活動の促進、免疫力向上、疲労回復、老化防止、成長促進、筋肉強化、体力向上等の効果が期待できます。


また、「たまご(卵黄)」には、脳の活性化等が期待できる、神経伝達物質のアセチルコリンの前駆物質であるコリンが、大豆の約3倍含まれています。


このように「たまご(卵黄)」には、様々な栄養素が含まれていますが、「たまご(卵黄)」に唯一含まれていない栄養素がビタミンCなので、ビタミンCを含む野菜類と一緒に食べるようにすると、栄養バランスが更に良くなります。


「たまご(卵黄)」に多く含まれているタンパク質は、体を作る為の材料になるものであり、特に妊活中のタンパク質は、胎児の体を作る栄養素として、しっかりと摂取する必要があります。
タンパク質は体を作る大切な材料で、特に筋肉はタンパク質が無ければ作り出すことができません。


筋肉は熱を作りだすので、体を温めて血流を良くし、冷えを防止するためにも筋肉は必要という事になります。
血流が悪く、冷えがある状態では、卵巣・子宮等の妊娠に必要な色々な器官に支障が出てしまうため、タンパク質の摂取は妊娠するための基本ともいわれています。



また、タンパク質は受精卵を受け止めるベッドの役割をする、子宮内膜の材料にもなります。


子宮内膜は、妊娠を継続していくためには、必要不可欠なものなので、ここでもタンパク質は重要となります。
さらに、妊娠後は胎児の体は、大人と同じように、母体からタンパク質を受け取って、そのタンパク質が体を形成して育っていくので、胎児のためにもタンパク質は大切な栄養素となっています。


その他、タンパク質はコレステロールの材料になって、ホルモンを生成するという働きもあります。
コレステロールが無いと女性ホルモンが作られないため、月経不順や無排卵を引き起こすようになってしまいます。

コレステロールは増えすぎれば動脈硬化等の原因となってしまうのですが、適度な量であれば妊娠するために欠かせないものだといえます。


「イントラリピッド」という成分が不妊を改善させたという研究結果も


また、最近では、「たまご(卵黄)」に含まれている「イントラリピッド」という成分が不妊を改善させたという研究結果も報告されています。
もともと不妊に悩んでいる女性は、免疫力が異常に強いという傾向があるらしく、この場合、排除されるべきでない「精子」までも「外部者」として殺してしまうようなのです。

「イントラリピッド」には、このような免疫の異常を正常な状態に戻す働きがあるので、免疫に異常があって不妊治療を繰り返しているような女性には効果が期待できます。


この「イントラリピッド」を使用した不妊治療法は「イントラリピッド・インフュージョン」と呼ばれているそうで、この治療法を行っているクリニックはまだ少ないようです。


ただ、この治療法を行っているクリニックの予約はいっぱいであるようなので、注目されている治療法であることは間違いないようです。
もし、不妊治療を行っても改善していなかったりしたら、この「イントラリピッド・インフュージョン」を試してみても良いと思います。


2017年7月31日まで限定プライスダウン!



2017年度 妊活サプリメントランキング


関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療 ブログ

    2017-3-21

    私の子宝ジンクスは「鏡」と「ザクロ」と…【体験談】

    私が実際に行った子宝ジンクスと、友人などが実際に行った子宝ジンクスをご紹介 子宝に関するジンク…
  2. 妊活 体験談

    2017-5-8

    妊活歴二年。自然妊娠した私がしたコト。【体験ブログ】

    28歳。自然妊娠できるように頑張ってみることにしました。 結婚して2年、主人も私も出来るだけ早…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る