排卵誘発剤によって発生する可能性のある卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

人工授精や体外受精などでは排卵誘発剤を用いて採卵することがほとんどで、不妊治療中の方は経口剤のクロミッドやhMG-hCG療法(ゴナドトロピン)、他にはゲストロン、セキソビットなどの排卵誘発剤を用いた方も多いのでではないでしょうか。

実はこの排卵誘発剤によって母体に悪影響が出る場合があります。
特にhMG-hCG療法(ゴナドトロピン)で発生しやすいとされています。

その症状の名前は「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」と呼ばれていて、重症の場合は入院する場合もあるので事前にこのような症例があることを知っておきましょう。

この卵巣過剰刺激症候群(OHSS) は意外に発症者が多く、不妊治療をされている方には効きなじみのある方も多いのではないでしょうか。
知らなかった・・・ではすまされない場合もありますので、事前にしっかりと卵巣過剰刺激症候群(OHSS) について認識を深めておきましょう。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状

排卵誘発剤を使用することで過剰に卵巣を刺激してしまい、卵巣が膨れ上がって腹水や胸水などの症状が主です。
この症状がさらに重たくなってくると、腎不全や血栓症など様々な合併症を引き起こすことがあるので更なる注意が必要となってきます。

また、腹痛および腰痛に加えて体重増加や吐き気等の症例が出てきます。
もし、排卵誘発剤を使用したのちにこのような症状を確認したら、自分で悩む前にすぐに医者に診断してもらいましょう。
くれぐれも自己判断だけはNGです。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の治療・予防は?

重症ではない限り、基本的には外来で治療していきます。
治療法は症状や個人によって差が出てきますので、医師の判断に従いましょう。

不妊治療にとって、排卵誘発剤というものは非常に身近な存在で、使用する方が多いのが特徴です。
その排卵誘発剤の種類によってはこの卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発生率が上がることを覚えておきましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. チアシード 妊活

    2017-8-24

    チアシードの効果は?お手軽妊活に最適!【妊活におすすめの食材】

    小さな粒からは想像できないほど、たくさんの栄養素を含んでいるチアシード 海外セレブやモ…
  2. 2017-9-24

    和食中心に食生活全般を改めて妊活成功しました!【体験ブログ】

    今までは仕事が忙しいとどうしても食事に関して適当に済ませてしまうことが多かった 結婚し…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る