ビール、ワインなど毎日飲酒してますが精子に悪影響やEDになりますか?

ストレスが多いジャパニーズサラリーマンにとってお酒でのストレス発散は欠かせないですよね。
毎日の飲み会や晩酌などで日常的にお酒を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな飲酒でのアルコール摂取ですが、実は精子に悪影響やEDになる可能性があるという報告があります。
もちろん、たまに飲む程度であれば問題ないのですが、日常的に深酒をしているようであれば確実に悪影響があるようです。

今回はそんな飲酒でのアルコール摂取における悪影響についてご紹介します

アルコールは中枢神経系を抑制

アルコールの成分は中枢神経系を抑制する働きがあります。
適量であれば飲酒はこの効果によってリラックス出来、良い気分になります。

ですが、過度な摂取は勃起の機能を妨げるのです。
性的な情動は中枢神経系や視床下部によって支配されているのですが、飲酒によるアルコール摂取で乱れてしまうのです。

これが結果的にEDになるのです。

精子も劣化する可能性あり

最近の研究結果では日常的に飲酒をしていると「精子も劣化する」という事がわかってきています。
週に約25杯以上のビールを飲酒していると、精子の数が少なかったり、形やサイズに奇形がみられるケースが増えていったそうです。

もちろん、その方のお酒への耐性や体調によって千差万別ですが、適量以上の飲酒は悪影響を与える事は間違いなさそうですね。

このように飲酒自体はそこまで悪影響は無いのですが、「日常的に」「定量以上」の飲酒でかなりの悪影響があるのです。
少なくとも不妊治療中は禁酒までいかなくとも、少量に控えるぐらいはしていきましょう。

そもそも過度の飲酒はアルコール依存症など、重度の疾患を発症します。
また、肝機能の著しい低下など、多くの生活習慣病の危険性も上がります。

何はともあれ、ストレスが溜まっていてもお酒は程々にしてくださいね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 葉酸サプリ「ポレポレ(PolePole)」

    2016-7-8

    リポビタンD!? 私の妊娠は3つの妊活が理由です。【妊活体験談ブログ】

    私が実際に調べて試したお勧め妊活を3つご紹介したいと思います。 妊活をしていると沢山の情報…
  2. 2015-11-23

    冷え性は妊娠の大敵!漢方で対策・改善しよう。

    冷え性は妊娠にとって大きな障壁 日本女性の多くが悩む「冷え性」。 この冷え性は妊娠にとって、…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る