不妊症の気になる割合は?

不妊症=妊娠を望んでいるにも関わらず、1年以上妊娠が出来ない事。
そう、2015年の夏に不妊症の定義が2年から1年に変更されましたね。

昨今の晩婚化と少子高齢化の影響は不妊症患者の増大を引き起こしていることが発端となり、不妊症の定義が2年から1年に変更されたのです。

というのは前回のブログ「不妊症とは?」で書きましたが、
これらの割合はどのくらいなのでしょうか。

ここ最近ですこしづつ動きがあり、一概に言えなくなってきましたが、一般的に言われていることを記していきます。

健康なカップルが定期的に避妊せず性行を続けていった場合

「通常は、1年で約80%の割合2年で約90%の割合のカップルが妊娠する」といわれています。

これが一般的に言われる妊娠率の割合なのです。
これに該当しないカップルが不妊症といえます。

わかるように2年と1年の妊娠率の差がさほどないのがわかるはずです。
潜在的に不妊症の場合は1年でわかる確率が高いのですね。

数値で見ていくと約6組に1組の割合でカップルが何らかの不妊治療を受けており、
現在のところ不妊治療を受けている方は約50万人~60万人と予想されています。

この数は大体でいうと東京都杉並区の全人口(約55万人)程の割合になるのです。
もはや、不妊症は身近な存在といって良いでしょう。

さらに、昨今はこの不妊症の割合が増加傾向にあるのです。

様々な要因で増えていく不妊症の割合

大きな原因は「晩婚化」でしょう。
特に女性の社会進出に伴い、この日本では晩婚化が進んでいます。

女性の社会進出は歓迎すべきことなのですが、肝心の法整備や会社の体制が整っておらず、晩婚化が進んでいるのです。
女性の年齢と不妊症の関係は非常に密接であり、これが大きな要因とも言われています。

また、男性もストレス社会の中で勃起障害(ED)になったりと、男女問わず大きな問題が多くあり、今後もこの不妊症の割合が増加傾向で進んでいくことは間違いなさそうです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. ミトコア300mg 口コミ

    2017-8-3

    ミトコア300mgの口コミを信じて2か月服用した結果【体験ブログ】

    ミトコア300mgの若返り作用と口コミ&評判を信じて 36歳神奈川県在住の主婦です。 私は3…
  2. 排卵検査薬

    2015-10-13

    排卵検査薬の正しい使い方。失敗しないタイミングとは?【妊活グッズ】

    排卵検査薬の使い方間違えてませんか? 近年若い世代でも不妊に悩む人は少なくありません。 不妊…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る