妊活中や妊娠中に控えた方がよい食べ物に「生肉」、「生魚」があります。


生肉 生魚 不妊 妊活
「生肉」や加熱不十分の肉を食べた場合、「トキソプラズマ」に感染する場合があり、これに感染すると、流産・死産のリスクが高まるだけでなく、赤ちゃんが水頭症になってしまう可能性も高くなってしまいます。

「トキソプラズマ」とは、主に鳥類やほ乳類に感染する寄生虫であり、感染した動物の生肉(ユッケ・生ハム)を食べる、感染した猫のフンに触る、土いじり等を行うことによって、人間に感染する場合があります。


特に妊婦は免疫力が低下しがちなので、さらなる注意が必要で、妊婦が「トキソプラズマ」に感染し、胎盤を通して胎児に感染する母子感染を起こすと、胎児が前述した水頭症になったり、発育の遅れや障害等の何らかの影響を与える場合があります。

妊婦が「トキソプラズマ」に感染した場合、風邪のときのようにリンパ節が腫れる等の症状があらわれるのが一般的ですが、中には感染していても症状があらわれないという人もいるので注意が必要です。


「トキソプラズマ」に感染したかどうかを調べるには、病院等で血液の抗体検査(検査費用は1000円程度)を受ける必要があります。
もし、その検査が陽性で、妊娠中に「トキソプラズマ」に感染している場合、母子感染を防ぐために、抗生物質の投与まで考慮するようになります。

「トキソプラズマ」は、67度以上の加熱によって死滅するとされていますので、肉を食べる際にはしっかりと焼いて食べるようにしましょう。



一方、「生魚」においては、「トキソプラズマ」の感染は今のところないといわれています。


ただ、「トキソプラズマ」は鳥類やほ乳類に感染する寄生虫であるため、哺乳類であるクジラからは、生で食べれば感染する可能性があるので注意が必要です。


また、「生魚」に関しては、「トキソプラズマ」ではなく、水銀量に気を付ける必要があります。母体の体内において、魚に含まれる自然界の水銀の量が一定以上になると、赤ちゃんに影響が出る可能性が指摘されており、水銀の量に関しては、刺身のマグロであれば1人前(約80g)を週2回以内ぐらい食べるというのが目安の量となります。

また、魚の種類によって、水銀に気を付けた方が良い魚と、気にしなくて良い魚があり、金目鯛やマグロ等の遠海魚・深海魚は水銀を多く含んでいるので注意するようにしましょう。



また、「生肉」を食べることで、「O-157」に感染する危険もあります。


「生魚」においては、新鮮なものであればよいのですが、妊娠中等の時期は免疫力が低下しているので、普段なら大丈夫なものでも、食中毒にかかるリスクが高くなってしまいます。
さらに、生の貝類に関しては特に新鮮なものでないと、生牡蠣等に存在する「ノロウイルス」に感染する危険もあります。

「ノロウイルス」に感染すると、ひどい下痢や嘔吐、腹痛、38℃程度の発熱の症状があらわれ、もし妊娠中の場合は、胎児の発育に影響を及ぼしてしまう可能性も考えられます。


こういったことから、妊活中や妊娠中には、なるべく「生肉」や「生魚」を食べるのは避けるようにし、加熱調理したものを食べたほうが無難だと思われます。

もし、どうしても生ものを食べたくなった時には、食品に表示されている消費期限を厳守する、食べる量や食べる頻度を減らす等を守るようにし、食中毒等のリスクを最小限に抑えるようにしましょう。


毎年10万セット販売実績最強妊活サプリ【ミトコア】



2017年度 妊活サプリメントランキング


関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 安倍昭恵 不妊

    2016-8-16

    安倍昭恵さんの不妊原因と治療・妊娠は?【不妊治療した有名人】

    安倍晋三首相の奥様である安倍昭恵さんが不妊で苦しんだ過去を告白 首相の妻として旦那の安…
  2. 不妊治療

    2016-8-11

    20代後半で結婚。人工受精5回、体外受精1回で妊娠しました。【体験ブログ】

    高プロラクチン血症、黄体機能不全を乗り越えて 私はは20代後半で結婚しましたが、学生時代から生…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る