黒ごまの効果・効能は?必須アミノ酸を摂取!【妊活におすすめの食材】


不妊を改善してくれる効果がある黒ごま

黒ごま

ごまは古くから私たち日本人には身近な食材とした親しまれているものですが、中でも黒ごまには不妊を改善してくれる効果があると言われています

黒ゴマには脂肪分が豊富に含まれていることはよく知られていますが、この脂肪分には性ホルモンの分泌を促す効果があります。

さらに性ホルモンを作るためは必須アミノ酸が不可欠なのですが、黒ごまには必須アミノ酸も豊富に含まれています。

>>【まとめ】妊活におすすめの食事・食材一覧

アミノ酸の中には体内で合成できるものもありますが、必須アミノ酸は体内で合成できないため外から摂取しない限りは不足してしまうものです。

ですから必須アミノ酸を豊富に含む黒ごまは、効率よく必須アミノ酸を摂取できる大変便利な食材だと言えるでしょう。

体の老化を防ぎ妊娠しやすい体を作る黒ごまの効果

さらに黒ごまには高い抗酸化作用のほか女性ホルモンの原料も含まれているため、体の老化を防ぎ妊娠しやすい体を作ることができます。

また亜鉛をはじめとした精力を高めてくれる成分も豊富に含まれているため、女性だけでなく男性の不妊にもお勧めの食材だと言えます。

実際夫婦そろって黒ごまを積極的に摂取したところ子宝に恵まれたという例も決して珍しいものではないようです。

効果が上がる?正しい黒ゴマの食べ方

ごまは比較的私たちに身近な食材ですから、妊活の必要性の有無にかかわらず日頃から摂取することで健康を保つことができるでしょう。

しかし黒ごまをそのまま食べてもその効果は十分に発揮されません。

というのもごまの殻は硬く、そのまま摂取してもなかなかうまく消化できないからです。

消化されなかったごまはそのまま体外に排出されてしまいますから、それではどんなにせっせとごまを食べても効率の良い摂り方とは言えません。
ですから黒ごまの栄養素を十分かつ効率的に体内に取り入れるためには、すりごまの状態で食べるのがベストなのです。

ほうれん草の胡麻和えやごま塩のふりかけにしてご飯と一緒に食べるなど、食べ方を工夫しながら毎日の食事に黒ごまを積極的に取り入れることをお勧めします。

>>【まとめ】妊活におすすめの食事・食材一覧

ブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」で代謝アップ!

不妊の元にもなる冷え性の原因は加齢からくる「基礎代謝の低下」が大きいとされています。
加齢によって筋力が落ちていくにつれて代謝が落ちていき、なんと10代をピークに下降していってしまうのです。

特に30代以降は10代の頃と比べて大幅に基礎代謝がおちていると言っていいでしょう。

簡単に摂取できる黒ごまを摂取して運動しても代謝を上げる事ができますが、更に効果が高い食材として知られているのが「ブロッコリー」って知っていましたか?

さらに言うと、ブロッコリーから抽出される「ブロリコ」という成分です。

この「ブロリコ」は東京大学と民間企業が協力して、5年以上の研究機関を経て抽出に成功した大変貴重な成分であり、「プロポリス」の1000倍以上ものパワーを持つとされています・・・凄いですね・・・

ゆっくりと食事や運動で妊活をしていくのも良いですが、加齢で衰えた身体を健康にしたい方、妊娠に向けて健康な身体づくりをしたい方、そのような方は一度ブロリコを試してみてみてはいかがでしょうか。

ブロリコ-口コミ-評判

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 冷え性対策

    2017-8-24

    妊活の大敵!冷え性を治すサプリメント選び・食事・食材は?

    冷え性は子宮内部の体温も下がるので妊娠率低下に繋がります 昨今、女性のなかで非常に増えてきてい…
  2. セキソビット(シクロフェニル)

    2016-8-8

    スルーラの口コミ&評判は?【妊活用善玉育菌サプリ】

    妊活有効成分をしっかりと吸収できていますか? 妊活中の食事は非常に大事ですよね。 将来的に自…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る