女性の不妊原因の3割が排卵障害といわれています。

私は多嚢胞性卵巣症候群による重度の排卵障害でした。
初潮も15歳と人より遅く、生理周期も1年に数回と安定したことはありませんでした。

しかし母親も20代前半までは生理周期が安定しなかったと言っていたので、その言葉を鵜呑みにしてしまい産婦人科に行くことはありませんでした。
さすがにおかしいと感じたのは20歳を超えた頃です。

周りに話しても自分と同じ症状の人がいなかったので、一度検査してもらうことを決意しました。

血液検査と内診の結果排卵障害と診断されました。

その時は多嚢胞性卵巣症候群という説明はなく、ホルモンバランスが乱れているという説明だけでした。
妊娠を望む時にまた来院してください、と言われたのでそれから結婚するまでの6年間放置してしまいました。

今思い返せばこの段階でセカンドオピニオンなどもっと大きな病院で診てもらっていたら、不妊治療で苦労しなかったのかもと後悔でいっぱいです。

月日は流れ結婚し再び病院を訪れることになりました。

今度は不妊専門クリニックを調べそちらを受診しました。
最初の3か月は血液検査や卵管造影検査、内診などひたすら検査を受けました。

そしてやはり原因は排卵障害であるということで1年ほど薬や注射など様々なタイプの排卵誘発剤を使用しました。

しかし排卵どころか卵胞が一向に大きくなりません。
そのうち小さい卵胞が沢山溜まりネックレスサインができてしまいました。

そこで初めて多嚢胞性卵巣症候群であると説明されました。

ここまで薬が効かないと手術する必要があると手術を勧められました。
排卵しないと卵巣の皮が厚くなってしまい余計に排卵しずらくなるそうです。

そしてこの皮を薄くするだけでホルモンバランスが整う可能性が高いといったメリットがあるようです。

手術のため大学病院に転院することになりました。

手術自体は簡単なもので腹腔鏡下で行われました。

卵巣の皮を薄くするためレーザーで複数の穴を空けたそうです。
溜まっていた卵胞も全て綺麗に流れました。術後は1日で痛み止めを飲まなくても痛くないぐらいでした。

入院生活も1週間でした。そして驚くことに術後1か月で薬を一切使用せずとも生理がおこりました。
ホルモン値も正常に戻り本当に驚きました。

排卵も順調におこりその後半年でタイミング療法で授かることができました。手術痕も1年ほどで目立たなくなったので本当に手術を受けてよかったなと思っています。

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 2017-7-5

    イースタティックミネラルのサプリとは?効果・口コミは?

    卵子および精子の質を改善する成分であるイースタティックミネラルのサプリメント 最近、不妊治療業…
  2. 東京都在住Kさんの不妊治療体験記 全15回

    2016-8-9

    不妊治療を約2年。仕事と高額な治療費。【体験ブログ】

    治療が大変だった分、妊娠した時の喜びは誰よりも大きかったと思います。 私は病院に通院し不妊治療…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る