デュファストンの効果と副作用。生理が来ない場合は?【ホルモン剤】

比較的副作用も少なく安全に使用できるデュファストン

なかなか赤ちゃんができなかったり妊娠してもすぐに流産してしまうといった不妊に悩む女性は増えてきています。
こうした不妊に悩む女性が不妊治療をするにあたり用いられるのがホルモン剤です。

妊娠を可能にし維持するためには女性ホルモンの存在が欠かせません。
中でも黄体ホルモン(プロゲステロン)は子宮内膜を厚くする作用がある女性ホルモンであり、受精卵を着床しやすくさせ妊娠を継続させるうえでとても重要な役割を果たしています

この黄体ホルモンの分泌が何らかの原因で少なくなることで不妊を引き起こしているケースは少なくなく、こうした場合に用いられるホルモン剤にデュファストンという薬があります。

黄体ホルモンの不足を補い子宮内膜を厚くしてくれるデュファストンの効果

デュファストンは数あるホルモン剤の中でも比較的副作用も少なく安全に使用できる薬として、不妊治療の初期段階に使われることが多いようです。
黄体ホルモンの不足を補い子宮内膜を厚くし受精卵が着床しやすい状態を作ることで不妊の改善を図ります。

また未熟な卵胞の成長を抑制するよう卵巣に働きかけ、月経や排卵を起こさせない作用もあることから、使い方次第では避妊薬として用いられることもあります。

デュファストンの副作用ってあるの?

デュファストンを服用している間は子宮内膜が厚くなってはがれにくくなるため生理が起こらなくなりますが、服用を中止すれば再び生理は起きるためそれほど心配する必要はありません。

副作用は少ないと言われるデュファストンではありますが、薬である以上やはり副作用もあります。
主な副作用として吐き気や食欲不振、めまい、発疹などが挙げられますが、これらの多くは一時的なものであり服用を続けていくうちに起こらなくなることがほとんどです。

こうした副作用は飲み始めの時期に急激に黄体ホルモンが体内で増加することが原因だと考えられています。
ただしごく稀ではありますが、アナフィラキシーショックや血栓症など命に関わる重大な副作用が起こることもありますので、副作用が現れた場合は早めに医師に相談することが大切です。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2015-12-4

    男性におすすめの妊活メニュー&食事の献立。

    これを食べて妊娠力アップ。男性用妊活食事メニュー! 不妊の原因の半分は男性ですが、世に出ている…
  2. 妊活 成功談

    2017-8-9

    不妊治療をはじめるきっかけと、病院選びの重要性。【体験談ブログ】

    妊活は、踏み出す一歩がまず大変ですよね。 私は、1人目の子供を生んでから、仕事に復帰して、3年…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る