よく用いられる排卵誘発剤「セキソビット(シクロフェニル)」とは?

赤ちゃんが欲しいのになかなか妊娠できない・・・というのは本当に辛く苦しいものです。
最近では男性でも不妊に悩む人は冷えていますが、実際にお腹の中に赤ちゃんを宿す女性の方はより切実にこの悩みを感じている人が多いのではないでしょうか。

不妊の原因はいろいろありますが、中でもホルモンバランスの乱れなどにより排卵がうまくできていない排卵障害が原因で不妊に悩んでいる人はとても多いと言われています。

こうした排卵障害による不妊の対処法としては、排卵誘発剤が用いられることが多いと思います。
排卵誘発剤には卵子の成長させ排卵を促す働きがありますが、薬によって作用の仕方や効果も様々です。
中でもよく用いられる排卵誘発剤に「セキソビット」という薬があります。

性腺刺激ホルモンの分泌を活発にするセキソビット(シクロフェニル)

そもそも排卵は脳の視床下部から性腺刺激ホルモンが分泌されることにより起こるものであり、この部分に問題があると排卵がうまくできなくなってしまいます。

セキソビットは脳の視床下部に直接作用し、性腺刺激ホルモンの分泌を活発にすることで排卵を促す効果が期待できます

同じような効果をもつ排卵誘発剤としてクロミッドという薬もありますが、セキソビットはクロミッドに比べて排卵誘発効果が低いもののそのぶん副作用も少ないと言われています。

比較的軽度の排卵障害の場合に多く用いられるセキソビット(シクロフェニル)

ですので比較的軽度の排卵障害の場合に多く用いられるようです。
またクロミッドという排卵誘発剤の場合、効果が強すぎると逆に妊娠しにくい状態になってしまうことがあり、こうした場合にもセキソビットが積極的に用いられるようです。

ただし、これは両方の薬に共通して言えることですが、長期にわたって服用すると子宮に悪影響を与える可能性があるため、長期では服用しないことが望ましいでしょう。

セキソビットも副作用が少ないとはいえ、薬ですから副作用の心配はゼロではありません。
服用によって何か異常があらわれた場合は、すぐに医師に相談することが大切です。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 体験談

    2017-5-8

    妊活歴二年。自然妊娠した私がしたコト。【体験ブログ】

    28歳。自然妊娠できるように頑張ってみることにしました。 結婚して2年、主人も私も出来るだけ早…
  2. 卵黄 妊活

    2017-8-24

    たまご(卵黄)の効果・効能【妊活におすすめの食材】

    「たまご(卵黄)」には、様々な栄養素が含まれています 「たまご(卵黄)」といってもいろいろな種…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る