2015年現在、不妊の正式な定義は1年

このサイトが出来上がった2014年夏の際は、不妊期間の定義は2年以上でした。
しかし、怒涛の勢いで加速していく晩婚化と少子高齢化が大きな理由となり、2年から1年の期間へと変更されました。

さらに正式に言えば、「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、1年以上妊娠しない場合」と定義付けが出来ます。
結婚して、子供を望んでいるのにもかかわらず1年間子供が出来なかったらなるべく早めに不妊検査を行うことをお勧めします。

↓↓↓
以下は2014年の記事です。参考までに。
↓↓↓

そもそも不妊症ってなんなの?

不妊症」といっても、子供が出来ないから。というだけで「不妊症」というわけではありません。
しっかりとした定義がありますので、今一度そもそも「不妊症」とはなんなのかという事をまとめていきます。

産婦人科的に定義づけをすると、

「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」

を「不妊症」といいます。

よく、色んなサイトや話を聞いていると、
よく「結婚して3年たちますが・・・」であったり、
「5年たっているのに・・・」といっている方が非常に多いです。

もし、そのような二人が健康的な体で定期的に否認をせずに性生活を行っているのであれば、2年を過ぎた時点で残念ながら既に産婦人科的には「不妊症」なのです。
結婚後2年を過ぎても妊娠が発覚しない場合はお二人で病院に行かれた方が良いかもしれませんね。

不妊症は病気ではなく「症候群」

一般的に病気というのは、表面に何かしらの症状が表れてくるものです。
頭が痛いであったり、めまいがしたり、何かしらの症状が身体の外に出てきてます。

その症状に合わせて医師が検査を行い、原因を追究し判明させ、その原因を治療させていくのです。

しかし、不妊症は前提から違ってくるのです。
まず、身体の表面に症状が出てこないのです。頭もいたくはないし、めまいが起きたからといって「不妊症」だという事にはならないのです。
そう、不妊症は検査でわかることはあまりに少ないため、原因の特定が難しいのです。

検査の結果なにもなくても妊娠が中々できないという事も大いにあり得ます。
まだまだ人間の体の神秘に医学が追い付いていない証拠なのかもしれません。

また、原因も男女どちらの方にあるのかも検査しなくてはわからない事も「不妊症」の特徴でもあります。

このように不妊症は夫婦2人で乗り越えていく問題です。
そして、不妊治療も2人が力を合わせ、手を取り合って進んでいくものなのです。
お子様の誕生を望むのでしたら、まずは二人の手を取り合って、一緒に診断を受けに行きましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-1-30

    焦らず、夫婦二人でゆっくり妊活中です。【体験ブログ】

    結婚前、【妊活】という言葉は全くピンと来ないものでした。 若いころからたくさん教えてもらうのは…
  2. 妊活 体験談

    2017-2-3

    無排卵と診断された私の妊活・治療日記。【体験ブログ】

    私は小学4年生の夏休みに一度生理が来ました。 でもそれ以降何ヶ月も生理らしき出血はなく、小学5…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る