不妊症の定義が2年以上から「1年以上」に短縮!?

不妊症の定義変更の流れ

現状、不妊症の定義は「妊娠を望んだうえで避妊せずに性生活を続けて行っているのにも関わらず、2年以上妊娠できない場合」と定義づけしています。
ですが、2015年5月も末の今日、日本産科婦人科学会は、この期間を「1年以上」に短縮する案をまとめ、発表しました。
早くとも2015年8月には正式決定する模様です。

なお、卵巣や精巣の異常など、医学的介入が必要な場合は、期間を問わず不妊症とするようですね。

理由その一「晩婚化」

大きな理由が日本の加速する晩婚化でしょう。
特に女性の晩婚化は妊娠適齢期との大きなズレを呼び、結果として日本全体での不妊症患者の増加に繋がっています。
それほどに女性の妊娠にとって年齢は大きな要素であり、特に35歳以上になると妊娠率の低下が著しくなるのです。

この日本における晩婚化が最も大きな理由といって良いでしょう。

理由その二「欧米では既に1年以上」

欧米の生殖医学会が1年間としていることを踏まえ「1年というのが一般的」と定義を改めたというのも大きな理由でしょう。
特に不妊治療業界の医療の進歩はめまぐるしく、世界的は標準化や技術共有、情報共有も大きな課題となっています。

そのような中で期間を「1年以上」に短縮する案をまとめたのは必然だったのかもしれませんね。

「1年以上」に変更される背景にはこの大きな2つの理由があったのです。

何よりも早い治療が大事

このサイト的にはこの「1年以上」への定義付けの変更は大歓迎です。

それはたった1年治療が遅れるだけで、妊娠率に大きな差が生まれるからです。
正直、2年・・・という定義付けの為に不妊治療開始が遅れてしまい、子宝に恵まれなかったカップルはとっても多いはずです。

不妊治療というものはいわば「時間との闘い」です。
そのような中、不妊症の定義が2年以上から「1年以上」に短縮され、不妊症患者がいち早く検査を受け、自らの不妊症に気づいて、治療を受けるキッカケに繋がるのは非常に良い事ではないでしょうか。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療成功者 ブログ

    2015-7-27

    低温期と高温期。お薦めの過ごし方と気を付けたい3つのポイント。【第6回】

    【第6回】低温期と高温期別の妊活【Aさんの成功体験ブログ】   基礎体温を測ると、低温期…
  2. 体験記 不妊治療

    2017-8-6

    私の妊活は定型通り。黄体機能不全を乗り越えて。【体験談ブログ】

    不妊専門病院に行って検査、卵管造影検査、タイミング指導へ 私の妊活は、いわゆる定型通りに始まり…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る