体外受精3回目失敗中。断念するか悩んでいます(41歳)【不妊治療体験ブログ】

体外受精に移行したものの上手くいかず・・・

30歳で結婚し、旦那の仕事の為に出身地である名古屋から神奈川県の横浜に移り住みました。
夫婦揃って仕事をしていたので中々二人の時間が取れず、子作りは後回し?にしていたら気が付いたら33歳になっていました。

お互いの両親にさりげなく孫をせがまれ始めたので、旦那と話をして気合を入れて妊活を開始したのです。
ところが2年経って35歳になっても一向に妊娠の気配がなく、これはもしや・・・と思って二人で産婦人科に行ったのです。

そしたら旦那に乏精子症という男性不妊が発覚したんです。

旦那は相当なショックを受けていましたが、何とか立ち直ってくれたので不妊治療を開始したのです。

幸いにして軽度の乏精子症だったので人工授精も可能ということで2人で人工授精(AIH)にチャレンジすることにしました。
私は排卵誘発剤を服用し、旦那は採精し、いざ人工授精。

あっさりと終わったので、こんなものかぁと思ったのを覚えています。

合計5回行ったところで人工授精は断念しました。

元々人工授精(AIH)の成功率は低いと聞いていた(10-15%ぐらい?)のでまさか一回で、とは思っていませんでしたがもちろん一回で結果は出ませんでした。
旦那もかなりやる気になっていたのでさっそく次の人工授精・・・またダメ・・・・もう一回・・・ダメ・・・まだまだ・・・ダメ・・・うーんということで、合計5回行ったところで人工授精は断念しました。

お医者さんからは私の方にも原因不明の着床障害があるかもしれないといわれました。
まさかの夫婦ともに不妊症の疑いがあったのです。

体外受精へチャレンジ

人工授精を諦めたころ、横浜で有名な漢方屋さんにいって、漢方を処方してもらうことを始めました。
結婚初期には子供への思いはそこまで強くなかったのですが、このころにはかなり子供を思う気持ちはかなり強くなってきていました。

年齢も36歳を超え、かなり焦ってきたのもあったと思います。

体外受精に関しては東京の有名クリニックに転院して実施しました。
先生はかなり親身になってくれて応援してくれる良いクリニックだったと思います。

しかし、体外受精は合計三回行いましたがいずれも着床してくれませんでした・・・

2回目の失敗でかなり落ち込んでしまい、一回数ヶ月のお休みを入れて3回目に挑んだのが今年の夏だったのですが、3回目も失敗に終わった時、何かが吹っ切れました。

旦那ももう無理しなくていいよと言ってくれますし、お互いの両親も気遣ってくれます。
また、体外受精を始めてから高額な治療費もかなりの負担になったのが大きいという事もあります。

高額な治療費は非常に高いハードルでした。

正直、体外受精は合計三回行いましたがかなりの治療費になってしまいました。
旦那の毎月のお小遣いも減らし、私の化粧品も安いものに切り替え、家計を見直しましたが焼け石に水レベルで間に合いませんでした。

これ以上の治療費は夫婦二人の楽しみや生活に影響が出ると思い、諦めました。

諦めるのはとても辛い判断ですが、旦那や友人たちが支えてくれて、自分の中で吹っ切りが出来ました。
決して一人で悩まずにしっかりとパートナーと話し合いが一番大事だと思います。

私の場合は旦那の温かい一言で決断が出来ました。

神奈川県在住
WYさん

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. フーナーサポート潤滑ゼリー

    2015-7-31

    フーナーサポート潤滑ゼリーの気になる効果と口コミは?【妊活グッズ】

    自然妊娠を目指すなら超お勧めのフーナーサポート潤滑ゼリーとは? 不妊治療には人工授精、体外受精…
  2. 産み分け体験談

    2016-10-4

    男の子1人、女の子1人を産み分けしました。【産み分けブログ】

    男の子1人、女の子1人の子供がいる、結婚4年目になる20代後半既婚女性です。 私が産み…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る