子宮筋腫を乗り越えて40歳で高齢出産。【体験ブログ】

重度の子宮筋腫を乗り越えて

35歳で結婚し、40歳で体外受精にて高齢出産。
ちなみに不妊治療としては約5年間の間に人工授精×5回、体外受精2回行いました。

不妊治療のキッカケはもともと30歳の時に受けた検診。
その時見つかった子宮筋腫がずっと心の奥で心配の種になっていて、結婚してからすぐに婦人科の検診を受けてみることにしたのです。

その場で大きな子宮筋腫が二つ発覚し、お医者さんからは自然妊娠の確率は非常に低いと診断されてしまいました。
何はともあれ、まずは大きな子宮筋腫を切除手術しなくては始まりませんので、直ぐに段取りをして手術を行いまいました。
結果は無事に成功。体力の回復を待って怒涛の不妊治療が始まったのです。

早めに体外受精の決断を

合計で人工授精は2年間で5回行いました。
どれも失敗でしたが、今思うと早めに体外受精へのステップアップを早めてたら・・・・と思う事があります。

そもそも35歳以上での高齢出産において、人工授精の成功率は5%未満程度と言われることもありました。
そのある意味奇跡的な可能性にかけて人工授精を2年間で5回行いましたがダメだったのです。

最初から奇跡的な数字に希望をかけず、もっと早い段階で成功率の高い体外受精にチャレンジしていたらあと2年は前に妊娠出来ていたのではと思います。
もちろん、費用の問題もありますので、なにが正解なのかは人それぞれです。

ですが、高齢出産の方にとっては時間がお金よりも重要であると思っています。
後悔する前に思い切って早い段階での体外受精にステップアップをお勧めします。

今は補助金制度もありますし、さほど家計の負担もかからないはずです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 体験記 不妊治療

    2017-2-18

    2人の子供を産んだ私のおすすめ妊活4種【体験ブログ】

    一人目も二人目も妊娠するまでに行った私の妊活 今、現在妊活を経て二人目妊娠中ですが、晴れて妊娠…
  2. 2015-2-10

    体外受精(IVF)の成功率・着床率の確率は?

    みんなの気になる体外受精の成功率・着床率の確率は? 体外受精と言えば、一回当たり平均費用は25…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る