不妊治療の費用と助成金について

結論から言うと1年間半の不妊治療でかかった総額は約150万円です

診察は毎回血液検査と超音波検査がありそれだけで1万円かかります。
それプラス薬代(800~2,000円)と注射代(3,000~12,000円)が加算されるのでお会計は少ない時でも1万円、薬を処方された時や、注射を打った時には2万円を超えることもありました。

一番費用が高かったのは・・・

一番費用がかかったのが、採卵で採卵日だけで約56万円かかりました。
私の場合PCOSで採卵数が20個と多かったのでその分金額が通常より高くなると事前に言われていましたが、実際に請求書の金額を見たときは夫と一緒に固まってしまいました。

他に大きくかかったのは、ホルモン補充周期移植1クールで20万x2回、凍結卵の保管料年間5万円や卒業時の費用4万などです。
静岡レディースクリニックではクレジットカード決済ができるので大金を持ち歩かずにすみ助かりました

助成金はしっかりと請求しました

助成金も申請できるだけ申請し、しっかり利用させていただきました。
静岡県の特定不妊治療助成金を上限一杯の15万円を3回申請して45万、居住地の自治体の不妊治療助成金も3回申請し30万円、併せて75万円が戻ってきました

国(都道府県)が行っている不妊治療の助成は体外受精と顕微授精に限定されており、申請は採卵周期からかかった診察代に限られています。
一方、自治体の不妊治療助成は一般不妊から対象になるのと、申請する期間の区切りも自分で決めることができます。

自治体の行う不妊治療の助成は金額や条件、対象となる治療内容が異なるので、お住まいの役所・役場に確認されることをお勧めします。

Dさんの不妊治療体験談【全4回】

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療成功者 ブログ

    2015-7-27

    低温期と高温期。お薦めの過ごし方と気を付けたい3つのポイント。【第6回】

    【第6回】低温期と高温期別の妊活【Aさんの成功体験ブログ】   基礎体温を測ると、低温期…
  2. チアシード 妊活

    2017-8-24

    チアシードの効果は?お手軽妊活に最適!【妊活におすすめの食材】

    小さな粒からは想像できないほど、たくさんの栄養素を含んでいるチアシード 海外セレブやモ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る