長期不妊治療を経て41歳で双子を出産しました。【体験ブログ】

6年間の不妊治療を経て妊娠・・・なんと双子を出産しました。

現在43歳、神奈川県横浜市在住のものです。
32歳で結婚し、34歳から不妊治療を開始、6年間の不妊治療の末に41歳で双子を出産しました。
今は2歳になる男の子2人の双子の育児に奮闘中です。

正直、この年の育児、さらには男の子の双子を育てていくのはかなり大変ですが、それ以上に子供がいる喜びを噛みしめている日々を過ごしています。
これから不妊治療を開始する方、今現在不妊治療中の方の助けになればと思い、ブログ形式で私が妊娠に至るまでの経緯をお伝えしようと思います。

子宮内膜症を治療するも、着床しない日々

結婚して1年目、通常通り夫婦生活を営んでいても妊娠に至らなかった為、早いかな?と思いつつ、年齢の事もあったので近くの不妊専門のクリニックへ行くことにしたのです。
そこで子宮内膜症が発覚し、速攻治療が始まりました。

この治療はかなりすんなりいき、ほぼ完治しました。
そこからまたタイミングを・・・と思ったら、先生から私たち夫婦ともに妊娠しづらい体質の為、人工授精をした方が良い・・・と勧められたのです。
どうやら私の体質に加えて、旦那の精子の運動率が結構悪いらしく、出来れば人工受精にて妊娠を目指した方が良いと言われました。

人工授精を5回失敗し、途方に暮れる日々

そこから時期を見計らって人工授精を行う日々が始まりました。
今思うとこの時期が一番つらかったですね。

排卵誘発剤で体調の悪い日が続き、旦那に強くあたってしまう事も。
正直、2度ほど離婚問題にまで発展したのを覚えています。

合計5回目の人工授精が失敗したとき、目の前が真っ暗になるほど落ち込みました。
そこから約7か月の休養を取って、体外受精へチャレンジすることにしたのです。

2回目の体外受精で妊娠発覚・・・なんと双子でした。

そう、体外受精2回目で私は妊娠出来ました。
40歳の誕生日翌日に発覚したのですが、まさに私にとって最高の誕生日プレゼントでした。

なんと双子を妊娠したわけですが、いままで妊娠できなかった私にとっては一度に二人も授かるなんて・・・という事で更なる喜びでした。
高齢である事、双子出産であること、初産である事、それらを加味して出産当日は計画帝王切開でなんとか無事に出産できました。

私が妊娠に向けてしたコト

私が妊娠に向けてしたコト、それは何よりも「食事」に気を付けた事です。
なるべくサプリメントに頼らず、野菜中心の食事で栄養バランスよく食べていました。
特に醤油、味噌、砂糖などの調味料はなるべく良いものを使うように心がけていました。

ただ、普段の食事で圧倒的に摂取しづらい葉酸に関してのみ、サプリメントに頼りました。

後はピラティスやウォーキングなど、なるべく運動は欠かさないようにしたのを覚えています。

この辺が私が行った妊活の一部です。
基本的に良いとされるものはほとんど手を出しました・・・がやはり食事と運動が一番ではないかと思います。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. hmg注射

    2016-10-23

    多嚢胞性卵巣症候群による重度の排卵障害を治療。【体験ブログ】

    女性の不妊原因の3割が排卵障害といわれています。 私は多嚢胞性卵巣症候群による重度の排卵障害で…
  2. モロヘイヤ 妊活 不妊

    2016-4-25

    モロヘイヤの効果・効能は?葉酸たっぷり!【妊活におすすめの食材】

    100g中250μgの葉酸!貧血予防にも効果的! 「モロヘイヤ」は、アラビア語で「王様…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る