私は結婚して1年3ヶ月になります。


年齢は32歳で色々な情報を調べると35歳から卵巣機能が衰え、妊娠しづらくなるそうです。

希望は2人こどもが欲しい為、早いうちから不妊治療をおこなう事を決断しました。

「左の卵巣に5センチ位のチョコレートのう胞がある。」との診断


不妊治療を行うと決めてから、市の子宮頸がん検診をうけ、軽度異形成と診断され、詳しく検査してもらう為、婦人科で精密検査してもらったところ「左の卵巣に5センチ位のチョコレートのう胞がある。」との診断で、あまりのショックで貧血を起こしてしまいました。


先生の話によると、「生理のときに血の塊がたまってどんどん大きくしてしまう為、生理をとめるか、右の卵巣は正常なので妊娠してしまうのが治療になる。」そうです。

それから3ヶ月に1回の検診をうけています。

その後、不妊治療専門外来へ通院し始めました。


基礎体温表をみせ看護師さんによるカウンセリングをうけ、血液検査、ヒューナーテストをし問題は無かったのですが、卵管造影です。カテーテルが入らず、1回目は断念しました。

不妊治療には卵管造影は必須検査の為、先生も「カテーテルが入るか練習してから本番をもう1回しましょう。」と言ってくださり、練習時何とか入り、2回目の本番は苦戦しながらも何とか入れてくださいました。

先生も汗だくでレントゲンをみたら子宮が右に大きく屈曲していたのです。

精液検査も4回し、成績は惨敗でした。

後悔しないように現在できる事を、と考えました。


私たちは年齢的にも余裕がなく、1年以上も子供をのぞんでいる為、早めの体外受精を希望している旨を先生に伝え、先生からも「このままでいくと顕微授精かな。」との事でした。少し落ち込みましたが、そんな事を思っている暇はないと思い、妊娠に良い事をたくさん調べました。予約がいっぱいで体外受精の予約までにまだ半年もある為、後悔しないように現在できる事を、と考えました。


まずは旦那の精子の成績がすこしでも良くなるようサプリメント(コエンザイムQ10,亜鉛,カルニチン)を取り入れ、私のチョコレートのう胞は進行しないよう、そして冷え性もある為、漢方(婦宝トウキ、シベリア霊芝、冠元)を取り入れ信頼できる薬剤師さんに、状況にあわせて処方してもらっています。


血の巡りを良くしたり、冷え性を改善するそうです。ひどい生理痛は改善されました。



そして、病院でできる事は体外受精の前にチョコレートのう胞の血を針をさして抜く事、旦那の専門医(泌尿器科)への受診、人工授精の挑戦だそうです。


ひとつひとつ自分たちのペースで挑戦していく予定ですが、いつかは私たちのもとへ、べビちゃんが必ず来てくれる事を信じて心が折れないように頑張っていきます。

2017年度 妊活サプリメントランキング
妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊症チェック

    2015-3-29

    不妊症チェックリスト – 30項目 【女性編】

    不妊症?妊娠率セルフチェックリスト 妊活女子にとって、自分が不妊症なのかは当然ながら気になりま…
  2. 妊活 成功談

    2017-2-28

    健康的なダイエット実践で妊娠!【体験ブログ】

    妊娠したいなら、あと10キロダイエット!と言われて。 きっかけは産婦人科に行った時の事でし…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る