タイミング法と並行して、旦那とわたしの身体の検査もしました。

20代前半で結婚したわたしが3年たっても妊娠しなかったので、少しおかしいなと思い始めたことをきっかけに産婦人科で不妊治療をはじめました。
20代ということもあり、タイミング法で様子をみようといわれ最初はタイミング法からスタートした妊活でした。

妊活といっても、まわりの友人は未婚の友達も多く自分が妊活しているとは言いにくかったので一人でこっそりと妊活をしていました。
タイミング法と並行して、旦那とわたしの身体の検査もしました。

その検査で旦那の精子の運動率がわるいということがわかりました。
先生から「自然妊娠は少し難しいかもしれないからステップアップすることを考えていてね」と言われたときには、正直なはなしショックでした。

でも打ち明ける友人も相談できる人もいなかったので、先生に言われるがまま妊活をおこないました。

この卵管造影をしたことでわたしの人生は大きくかわったと思います。

ステップアップする前に、わたしの卵管のとおりの具合も見ておきたいということで「卵管造影」という検査をすることになりました。

卵管造影をしたことでわたしの人生は大きくかわったと思います。

卵管造影とは、卵管のとおりを確認する検査です。
名前のとおり造影剤を卵管にとおしてレントゲンをとります。

その通り具合をみて妊娠できる身体か検査するのです。
もしこの、造影剤を流す際に卵管がつまっていると激痛があり、造影剤をとおしたことによって卵管のつまりがとれ、その検査の2,3ヶ月は妊娠しやすくなるといわれています。

もともと旦那の精子に問題があったので自然妊娠は半ばあきらめていたこともあり軽い気持ちで検査をしました。
先生が念のためしておこうといったので、検査したといった感じです。

でも検査してみて、造影剤をいれる際今まで経験したことのない激痛がありました。

生理痛がはじまるときの身体が重くなる感じがはじまったと思ったら造影剤が通って行くのが感覚でわかりました。
そのあとは激痛で、半分意識をうしなってしまうほどだったのであまり覚えていません。

でも、この検査でわたしの卵管もつまっていたことがわかりました。

先生はもしかしてがあるから、ステップアップする前も、夫婦生活は排卵日付近は頑張ってみようといっていたのでここでもいわれるがままそうしました。
旦那もわたしも、自然妊娠は諦めモードだったので、変な言い方ですが子作りをするためというよりは楽しんだ性行為だったと思います。

先生もとてもびっくりしていました。

次の生理がきたらステップアップしましょうといわれていたわたしたちだったのですがステップアップする前に、驚くことに妊娠したのです。先生もとてもびっくりしていました。
妊娠は先生でも予想できないことが起きると言っていました。

でも、妊娠するきっかけになったことはたぶん「卵管造影」がいい方向にむいたんではないか、ということでした。

だからわたしは卵管造影をしてくれる病院だったら、おすすめしたいと思います。

もちろんどれがよかったかはわかりません。
もちろん、いつも身体を冷やさないようにしていましたし、食べ物も身体をあたためるものを選んでいました。

どれが決めてだったかはわかりませんが、わたしは卵管造影がきっかけだったと自分でも思います。

妊活をはじめて今思う事は、いやなこともつらい事も話し合える友人がいればよかったなと思います。
同じ悩みの人、同じ様に通っている人と話すことができたらもっと楽しい妊活で思い出に残ったかなと思います。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2017-9-24

    不妊治療をした芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    不妊症の芸能人有名人 不妊治療体験記一覧【まとめ】 (2017年12月現在 59名掲載中)最近…
  2. セロフェン

    2016-10-2

    29歳で不妊治療開始。治療費用、流れの全記録。【体験ブログ】

    タイミング法から人工授精、体外受精、顕微授精へステップアップしていきました。 結婚は早かっ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る