ホルモンバランスが崩れ、二人目不妊。

1人目は結婚後数ヶ月で妊娠したため、妊活というほどのことは何もしていませんでした。

1人目が1歳になる頃に卒乳もしたため、そろそろ2人目をと考え始めていましたが、産後の生理もまだ数回しか来ていない状態で排卵日もよく分かりませんでした。

とりあえず排卵日頃になればうまくいくだろうとタイミングを測っていましたが、2人目はなかなか授かれません。

30歳過ぎていましたが、1人目の育児もありますしまだ不妊治療を始めるほどではないかと考えていました。

そんな頃、同じ頃に1人目の子供を産んだ友達の2人目の妊娠を知って落ち込んでしまったりもしました。

自分が考えているよりも体はデリケートなもので、気にすれば気にする程生理周期はバラバラになってしまいます。

どれだけ工夫をしても妊娠しないので、もし2人目が出来なかったらそれはそれで仕方ないし諦めようと夫婦でも話していました。

ダラダラと出血が続き、産婦人科へ行くと・・・

産後の生理が始まって半年くらいした頃からようやく生理周期も整い始めましたが、今度は生理後にいつまでもダラダラと出血が続きます。

やっぱりおかしいなと感じて産婦人科に行ったところ、ホルモンバランスが崩れているのが原因だと言われ薬を処方されました。

さらに1人目の時はすんなり授かったので知らなかったのですが、多嚢胞性卵巣症候群だということも分かりました。

この症状では未熟な卵ばかりが卵巣にあるため、妊娠率が低いようです。

薬を飲み始めるとぴたりと不正出血は止まりましたが薬ばっかりに頼っていてはいけないなと感じて、女性ホルモンを整えるためにどんなことがいいのか調べて食事を気をつけるようになりました。

大豆食品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると聞いたので、できるだけ大豆食品を食べよう!と毎朝は味噌汁を飲み、納豆もできるだけ毎日食べて、豆乳も飲むようにしました。

あとはいつもお腹あたりが冷えるのが気になっていたので真夏でも腹巻をして靴下を履いて、できるだけ体を冷やさないように心がけていました。

飲み物も冷蔵庫に入っている水分は冷たすぎると聞いたので、ガマンして常温以上を飲むようにしていました。

冷え性対策には白湯と散歩!

朝一番にお湯を沸かして作る白湯は結構美味しくて気に入っていました。

あとは主婦になってから外出が減ってしまっていたので、天気のいい日はできるだけ上の子と散歩に行くようにしていました。

さすがに真夏にエアコンつけずに腹巻をしているとあせもが出来そうなくらい暑かったですが、食生活も気をつけて体を温めるようにしてから半年くらいで自然に授かりました。

自分でも体のリズムがおかしいと感じるということは、やはりどこか無理をしているのだと思います。 そんな時は今の生活を見直してみることが一番だなと、つくづく思いました。

産後は腹巻をつけることはありませんが、今でも冷蔵庫に入っている水分はほとんど飲みません。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 海外での不妊治療

    2016-12-13

    子宮卵管造影検査での失神するほどの痛み。【体験ブログ】

    わたしは2歳年上の旦那さんと結婚して1年半になる34歳の主婦です。 自分が3姉妹で育ったことも…
  2. 妊活 食事 食材 おすすめ

    2017-10-19

    妊活におすすめの食事・食材は?【まとめ】

    妊活の基本はバランスの良い食事+おすすめ食材です!【厳選12食材】 妊娠力の向上には、運動やサ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る