体外受精を3回。妊娠出来たのは食事・飲料の見直しから。【体験ブログ】


「妊活中にあまり摂取していけない以外な飲み物」

私は不妊治療体験者です。
体外受精を3回経験し、女の子を1人出産しました。

不妊治療中はつらいことが多いです。
なぜ妊娠しないのか原因がわからないことが多く、病院に何回も通わなければならず方法もその都度手探りのようなものです。

仕事をしている人は仕事の合間をぬって病院に行ったり病院からは薬をいっぱい貰って飲んだりと体・精神的にも楽な治療ではないです。

私も不妊の原因は不明でした。

なので最初はタイミングから始まり、人工授精・体外受精とステップアップするも結果にはなかなかつながりませんでした。

その中で何が辛かったかというと、治療の過程というより次に何をしたら効果があるのか誰も答えが分からないということです。
お医者様も血液検査やあらゆる検査をして頂きましたが、どれも正常の範囲内でこれといった原因がないということでした。
当時はそれを聞くのがとても辛かったです。

でも後々他の人の話を聞くと原因が分からないという人は意外と多くいました。
よく雑誌などで原因は不明の人が何割もいると書いてますが、本当に多いんだと思います。

原因が分からないと言われたことで、私は次に何をすれば良いか当時は本当に悩みましたが、ふと気が付いたことがありました。

体が正常でも何か良くないものを食べているのではないか?
逆に摂取していない栄養があるのかもしれないと思いました。

なのでまず食生活を見直ししてみたのです。

すると妊活に必要な例えば鉄分・亜鉛などは意外と摂取できているなと思いました。
もともと貧血気味だったので必要な栄養と運動もしていましたし血液検査でも以上はありませんでした。

そこで今度は摂取しすぎているものはないか見てみました。
すると乳製品が目につきました。


そして栄養のグラフで見てみるとビックリしました。
乳製品を1.5倍くらい摂取していたのです。

牛乳・チーズ・生クリームなど以上とは言えませんが栄養グラフでそこだけ飛びぬけていました。

なので、私は試しに体外受精の前に乳製品を最低限の摂取に控えてみました。

すると偶然が重なったのかもしれませんが妊娠し、しかもそのまま出産までスムーズにいけました。
これには私自身が驚いています。

乳製品を控えめにしただけだからです。
その他は何もしませんでしたので、まさかこれだけで効果がですとは思いもよりませんでした。

ですが、インターネットなどで見ると妊活に必要以上の乳製品の摂取はあまり良くないと書いてあるサイトが何個かありました。
その中で興味を引かれたのは牛乳です。

その記事によると牛乳はそもそも赤ちゃんが飲むもの。
その牛乳を出すお母さん牛は牛乳を出す間妊娠しないという記事です。

私はこの記事を見てドキッとしましたし、同時に考えれば当たり前のことを知らなかったことに無知を知りました。

牛乳やチーズなどの乳製品は体にとてもよい食品です。
当然いっぱい食べて良いんだと思っていました。

でも必要以上に摂取することで反って影響がでることもあるんだなと感じました。

妊活に必要なことはいっぱいあると思いますし、体に良い事は実践することは大事だと思います。
でも人それぞれ個人差もあるので自分にあった方法を探してみるのも良いと思います。

私の実践したことは食生活を見直し、必要以上に摂取している栄養を控えめにしただけなので他の方にもおススメしたいです。

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. 人工授精 成功率 上げる

    2015-7-27

    人工授精(AIH)の着床率・成功率を上げる10つのポイント!

    確立・成功率を上げるために出来る10のコト。 人工的に精子を子宮内に送り込み、人為的に授精・妊…
  2. 妊活 成功談

    2017-8-9

    不妊治療をはじめるきっかけと、病院選びの重要性。【体験談ブログ】

    妊活は、踏み出す一歩がまず大変ですよね。 私は、1人目の子供を生んでから、仕事に復帰して、3年…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る