高額な不妊治療費をカバーする「不妊治療ローン」

体外受精や顕微授精などは、場合によっては一回50万円、中には100万円かかることもあるようです。
高額納税者の芸能人や有名人ならいざ知らず、一般人であれば家計への負担は相当なものになります。

しかし、子供を望む不妊カップルにとっては家計への負担よりも将来の子供への投資である不妊治療費を優先してしましますよね。
この為、多くの夫婦が不妊治療を続けながら節約の日々をしているのです。

そんな不妊カップルにおススメなのが「不妊治療ローン」です。
しっかりと人生設計し、二人の収入を加味したうえで加入すれば、日々の不妊治療費用の捻出が助かるはずです。

今回はそんな「不妊治療ローン」をご紹介していきます。

不妊治療ローンのシステム

銀行によって大きく差がありますが、基本的に子どもを授かりたいと願う、ご夫婦を応援するためのローンというのは変わりません。

一例ですが大垣共済銀行の「不妊治療関連ローンFutari-de」では、以下のような不妊治療費に使う事が可能となっています。

  • 不妊治療にかかる検査・投薬・治療費用
  • 生殖補助医療(人工授精・体外受精・顕微授精)にかかる諸費用
  • 妊娠・出産に備えるために必要な物品購入等各種費用

金利変動型ですので、気になる方は問い合わせしてみましょう。

不妊治療ローン加入するならいつ?

おススメとは言っても、ローンはローンです。借金に変わりません。
収入内で十分に賄えるのであれば必要ありません。

特に人工授精レベルの不妊治療費用であれば、ローンは組まなくても良いでしょう。
一回当たり1―2万円ですし、そのくらいの費用を捻出できなくては、子供が出来た後にかなり苦労してしまいます。

ただ、人工授精からステップアップして体外受精や顕微授精を行うのであれば話は別です。
前述のとおり、一回あたりの費用が30-60万円程度と跳ね上がるからです。

若いうちに決断を

妊娠率というのは女性の年齢にかなり影響されます。
若いうちに決断をするのも大切な事です。

例えば20代の若いカップルの場合は収入も少なく、不妊治療費用を賄えずに後回ししてしまいがちです。
そして収入が安定してきた30代以降に不妊治療を始めたら年齢が高すぎて子供が出来ない・・・何てことも。

お金を払えさえすれば子供が出来るわけではありません。
お金以上に女性の年齢が大切なのが不妊治療の世界といっても良いのです。

しっかりと人生設計し、二人の収入を加味したうえで決断しましょう。
あくまでローンですのでご利用は計画的に。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 子宝神社

    2017-9-24

    仙台にある定義如来西方寺で子宝祈願で妊娠成功!【体験ブログ】

    私は、第一子を妊娠する前に、仙台にある定義如来西方寺というところに行ったことがあります。 …
  2. 漢方 効果

    2017-10-18

    不妊に効く漢方薬ランキング!妊活するならこの漢方♪

    不妊に効く漢方薬。ランキング形式でおススメしてみました。 「漢方治療」と聞くと、正直ちょっとハ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る