AMH検査とは?正常値や方法、検査費用はどのくらいですか?

AMH(抗ミューラー管ホルモン)の数値を確認

女性の不妊治療において、非常に大事な検査がAMH検査です。
AMHとは「アンチミューラリアンホルモン or 抗ミューラー管ホルモン」の略称で不妊治療の初期に検査を行い、今後の不妊治療の指針にしていく検査です。
このため、多くの方が受けているのがこのAMH検査なのです。

正直、このANHの値は非常に重要な指標であり、不妊治療を受けるならば出来る限り受けましょう。
それほどに重要な検査がAMH検査なのです。

今回はこのAMH検査とは一体どのような検査なのかご紹介します。

卵巣内の卵子の数を調べる検査

まず、大前提として女性の卵巣内にある卵子は生まれてきたときの数が最高値で、それが年々減少していくと言われています。
特に女性が持つ卵子の数は個人差が大きいと言われているので、不妊治療の際には必ずと言っていいほど、現在の卵巣内の卵子の数を調べる必要があります。

この卵巣内に卵子の数がどれだけ残っているかを検査するのが「AMH検査」なのです。
簡単に言えば「卵子の在庫確認」といって良いでしょう。

もし、このAMH検査によって、卵子そのものの数が少ない事が判明したら、卵子が完全になくなる前にに何かしらの治療を早急に始めないといけない・・・等の診断に役立てていきます。

AMH検査の方法は?

採血検査にて簡単に出来るのがこのAMH検査のメリットでもあります。
手術をする必要もなく、時間的な拘束もないために時間のある時にさくっと受けられるのも魅力ですね。

AMH検査の検査費用・金額は?

保険適応はされていないため、AMH検査の検査費用・金額は自己負担となるので注意が必要です。
一般的には7000円~15000円の間です。このほかに診察料金がかかる場合もあるので、事前に料金は確認しておきましょう。

AMH検査の結果の正常値はあるの? AMHよりも年齢が優先順位高い!

AMH検査で数値が出たとしても、いわゆる「正常値」というものは存在しません。
さらには年齢と相関しておらず、20代でも40代でも高い人低い人がバラバラです。
それほどに個人差が激しいのがAMHなのです。

基本的には、同じ年齢層に比べ、卵子が多いか少ないかを判断する事がAMH検査といえます。

また、AMHの値が高いからといって妊娠率が高い事とイコールにはなりません。
妊娠力にはありあらゆる要素がかかわってきます。
AMHはその中の一つの指標にすぎない事を理解しておきましょう。

AMHの値よりも年齢の方が優先順位高いと言えます。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 体験ブログ

    2016-7-28

    9年間の不妊治療を断念しました。 【不妊治療体験ブログ】

    32歳で結婚、41歳の誕生日に不妊治療の断念を決意しました 32歳で結婚、年齢も30歳を越して…
  2. 子宝祈願 女の子 産み分け

    2017-2-15

    秋野暢子さんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

    子宮外妊娠で左の卵管を切除した秋野暢子さん 1957年1月18日大阪府生まれの女優として、今な…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る