【祝】2014.12月 松浦亜弥さんが女の子出産!

2014年12月24日のクリスマスイブ。
松浦亜弥さんからおめでたい発表がありました。
なんとつい先日、子宮内膜症の不妊治療を進めていった結果、見事元気な女の子を出産されたのです!
母子ともに健康だそうで何よりですね。

関係者によると、松浦亜弥さんはすでに退院しているそうです。

前述のとおり、松浦亜弥さんは子宮内膜症の症状が非常に辛かったそうで、芸能活動を休止して治療に専念していたのです。
そんな大変な状況をずっと支えてきたのがダンス&ボーカルグループ「w-inds.」の橘慶太さん。

2人は芸能活動を休止とほぼ同時に結婚されました。
子宮内膜症は痛みを伴ったり、生理痛がかなりの痛さになるなど妊娠・出産以外のリスクも非常に多いのが特徴です。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

この子宮内膜症の一番の治療法はズバリ「妊娠」そして「出産」なのです。
なので今回の松浦亜弥さんの出産ニュースは、子供が元気に、そして松浦亜弥さん本人が元気だったことに加えて松浦亜弥さんの「子宮内膜症の治療・回復」という面でも喜ばしいニュースなのです。
芸能活動を休止せざるを得ないほどの子宮内膜症の辛さがこれでかなり改善される事でしょう。

松浦亜弥さんといえば、元トップアイドルですが非常に評価されている歌唱力が人気の土台でした。
芸能活動休止以降もその歌唱力が凄すぎると再ブレイクしているほどです。

ファンとしては、子育てがひと段落して、悩みの種だった子宮内膜症が完治したら是非とも復帰して欲しいですね。
またあのすばらしい歌声を聴きたいものです。

何はともあれ、子宮内膜症の治療、妊娠、そして初産となる出産、お疲れ様でした。
そしておめでとうございます!

今回はその松浦亜弥さんの不妊治療と妊娠の経緯をご紹介したいと思います。

松浦亜弥さんの不妊原因は子宮内膜症

松浦亜弥さんは2007年より子宮内膜症を発症し、体調が優れないまま芸能活動を続けていたようです。
しかし、そのまま大変な芸能活動を続けることは難しく、結婚後は子宮内膜症の治療に力を注ぐために芸能活動を中断されていたようです。

この子宮内膜症は妊娠を望む、望まないにかかわらず女性にとって負担が大きい病気です。
そして治癒に一番効果があるのは前述のとおり「妊娠」そのものといわれています。
妊娠することで生理を止まり、出血が原因である子宮内膜症には効果てきめんなのです。

そういった意味でも松浦亜弥(あやや)さんの妊娠のニュースは母子ともにうれしいニュースとなったのです。

実はこの子宮内膜症は多くの女性を悩ます不妊症でもあります。
多くの女性が子宮内膜症が原因となって不妊となり、今現在も不妊治療を続けているのです。

松浦亜弥さんの不妊治療内容、方法

松浦亜弥(あやや)さんの場合、子宮内膜が出来た場所が悪かったのか、非常に激しい月経痛を伴ったようです。
無理をせず、ゆっくり治療するため2011年からは芸能活動をやめていたのです。

詳しい治療内容は明らかになっていませんが、無理をしないようにしたことは大きなポイントだったでしょう。
基本的にストレスをためず、疲れないようにすることが何よりの治療法なのです。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 体験記 不妊治療

    2017-5-27

    体外受精を3回。妊娠出来たのは食事・飲料の見直しから。【体験ブログ】

    「妊活中にあまり摂取していけない以外な飲み物」 私は不妊治療体験者です。 体外受精を3回経験…
  2. 不妊治療

    2016-8-7

    妊活4年目。体外受精へステップアップ予定です。【体験ブログ】

    わたしより遅く結婚した友達が先に子供を産んでママになっていきます。 28歳で結婚して、かれこれ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る