釈由美子さんが37歳で多嚢胞性卵巣症候群を乗り越え妊娠!

モデルとして、女優として、グラビアアイドルとして一時代を築いた釈由美子さん。2015年10月に一般男性と結婚して大いに話題になりましたね。

そんな釈由美子さんが2016年に入ってすぐの1月15日にめでたく妊娠したことを発表しました。

なんと釈由美子さんは多嚢胞性卵巣症候群という排卵障害を患っていたらしいのです。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)でありながら、しかも37歳という高齢出産の妊娠率の低さを乗り越えて結婚数か月で妊娠発覚ですから、正直奇跡と言って良いレベルのニュースですね。

今回はそんな釈由美子さんの妊娠、出産、不妊治療についてご紹介していきます。

釈由美子さんの多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

不妊の原因になる病気ではベスト3に入るほどにメジャーな不妊症が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)です。卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患であり、排卵に障害があるのですから自然妊娠の確率は非常に低くなります。

治療法としては排卵誘発剤を用いて排卵を促すことが一番の治療法と言われています。恐らくですが釈由美子さんも排卵誘発剤を用いていたと思われます。

長期不妊を覚悟していた釈由美子さん

そう、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された釈由美子さんは、自分の年齢も含めて不妊治療が長期化することを覚悟していたらしいのです。

それもそのはず、37歳で妊娠・・・というのは思っている以上に大変なものであり、通常であれば中々妊娠できないことが普通なのです。

しかも釈由美子さんは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を患っていたのですから結婚数か月で妊娠発覚したのはまさに奇跡的と言って良いでしょう。

超有名病院・クリニック?での不妊治療の賜物?

「ず~っと、最も叶えたい夢でしたので病院の産婦人科で妊娠が確定した瞬間は夫婦で飛び上がって喜びました!」

と言っている事から釈由美子さんが不妊治療を行っていた事はほぼ間違いないでしょう。高齢出産、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にも関わらず、速攻で妊娠したのですから相当に良い病院・クリニックなのでしょう。

どこで治療したのかとっても気になりますね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 不妊治療

    2016-8-11

    20代後半で結婚。人工受精5回、体外受精1回で妊娠しました。【体験ブログ】

    高プロラクチン血症、黄体機能不全を乗り越えて 私はは20代後半で結婚しましたが、学生時代から生…
  2. hmg注射

    2017-4-21

    3つの病院を転院し、体外受精で第1子を授かりました。【体験ブログ】

    1つ目の病院は、私の住んでいる市、唯一の不妊治療専門クリニックでした。 こちらでは、タイミング…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る