我が家には5歳の娘がいます。


ちょうど6年前のことです。当時5歳になる双子の息子がおりました。
幼稚園の年中である程度成長してきたこともありますが、私はどうしても女の子が欲しく、妻と話をし、産み分けの研究をしていました。


本や雑誌、インターネットのサイトにある産み分けの記事を参考にし、色々研究を重ねた結果、ある2つのポイントがあることがわかりました。


成功談。2つのポイントは・・・


1つ目は男の方が体調的に元気がないときがよいこと、2つ目は射精時には出来る限り、奥ではなく手前側にするという2つのポイントを実践することにより、女の子ができる確率が高いことがわかりました。


とはいっても、体調的に良い、悪いの状況は決まっていませんし、妻の排卵時期もあり、なかなかタイミングが合わないことがしばしばでした。
ちょうどポイントが分かって半年後の或る日、私の体調が思わしくなく、風邪気味で、かつ若干発熱をしている時がありました。


さらにその時に妻の体調が良く、ちょうど排卵期になるかならないかの時期でした。そこで妻と相談し、私は体が辛かったですが、女の子を妊娠させるための活動を始めました。

調べたポイントの、男の体調が悪い状況という、1つ目はクリアしました。


そして2つ目のポイントである、手前側で射精をするということですが、今となってはきちんとそれが実践できたかどうかはわかりません。
私も、体調が悪いせいか、朦朧とした中でしたので、何が何だかさっぱりわからない状況で、ことが進んだという印象です。



そんな活動状況でしたが、1カ月経って、妻の生理が来ていないことがわかり、妊娠検査薬で調べた結果、妻が妊娠していることがわかりました。
私と妻は女の子の妊娠への期待が高まりました。

そして妊娠6カ月目に病院で調べた結果、女の子を妊娠していることがわかり、大変喜びました。


その後は体調管理に十分気をつけていき、無事に女の子を出産しました。


一応、事前に調べたポイントの2つはクリアしておりましたが、まさかこんなに、簡単に、ものの見事に妻が女の子を妊娠するとは思ってもみなかったのは事実ですし、半信半疑でした。


今回ご紹介した内容については、科学的なデータがあるわけではありません。

ただ、生死と卵子の活動のバランスによって、産み分けができるようなデータもあります。


特にX精子、Y精子の活動状況を踏まえると、精子の活動が弱いとき、つまり男性の体調が思わしくないときに生殖活動をすることと合っているような気もしています。

体調が悪いときの活動は少々抵抗がありますが、今回実践して実現できたため、経験値としてご紹介してみました。

産み分けなら「ハローベビー潤滑ゼリー」


産み分けに関しては迷信・ジンクスも世の中にたくさん存在しています。
もちろんそれらも効果があるのかもしれませんが、その前にしっかりと科学的に産み分けすることをお勧めします。


そんな中、貴方が強く産み分けを望むなら、現状おすすめ出来るのは「ハローベビー潤滑ゼリー」一択です。


ph値の調整を行い、膣内の酸性度や精子の状況を産み分けがしやすい環境にしてくれるだけではなく、精子を男性から女性に届けやすくしてくれるので妊娠率そのものも上がるからです。


そして何よりも日本製品という「品質と安全性の高さ」が魅力ですね。

国産の高品質な「ハローベビー潤滑ゼリー」で産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

これだけの機能をもっているのにリーズナブルなのもポイント高しです。



>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. フーナーサポート潤滑ゼリー

    2015-7-31

    フーナーサポート潤滑ゼリーの気になる効果と口コミは?【妊活グッズ】

    自然妊娠を目指すなら超お勧めのフーナーサポート潤滑ゼリーとは? 不妊治療には人工授精、体外受精…
  2. 男性 不妊症 チェック

    2015-3-29

    不妊症チェックリスト – 20項目 【男性編】

    男性不妊かも?セルフチェックリスト 最近では不妊症のカップルのうち、原因の半分は男性にあると言…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る