仲間由紀恵の不妊原因と治療法【不妊治療した芸能人】

不妊治療を行っていたといわれている仲間由紀恵さん

仲間由紀恵さんは、プロダクション尾木に所属する日本の女優・タレントであり、夫は俳優である田中哲司さんです。
そんな仲間由紀恵さんは、2018年3月1日に第1子妊娠を発表していますが、この妊娠時に不妊治療を行っていたといわれています。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

仲間由紀恵さんは、1979年10月30日に沖縄県浦添市で生まれました。

仲間由紀恵さんは日出女子学園高等学校出身であり、1993年に地元沖縄の「沖縄タレントアカデミー」というタレント養成学校に入学しています。

1994年、沖縄テレビ放送の「青い夏」の一般公募オーディションにおいてグランプリを獲得した仲間由紀恵さんは、この「青い夏」のドラマプロデューサーからプロダクション尾木を紹介されて上京します。

上京した仲間由紀恵さんは1996年、東京パフォーマンスドールに一時在籍し、1997年にはフジテレビ系列の「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」に出演します。

1998年にフジテレビ系列の「神様、もう少しだけ」、1999年に日本テレビ系列の「君といた未来のために 〜I’ll be back〜」とコンスタントにドラマ出演を続けていた仲間由紀恵さんは、2000年に「リング0 バースデイ」で映画初主演を果たします。

そして、同じ2000年にはテレビ朝日系列のドラマ「TRICK」に山田奈緒子役で出演。

ブレイクを果たし、この「TRICK」はシリーズ化され、劇場版やスペシャル版も制作されたことから、仲間由紀恵さんの代表作となっています。また、2002年には日本テレビ系列のドラマ「ごくせん」に主演し、このドラマは第3シリーズまで続きました。

この「ごくせん」も劇場版やスペシャル版が製作されており、「TRICK」と並んで仲間由紀恵さんの代表作となっています。
この「ごくせん」の中でも特に第2シリーズは人気が高く、その最終回の視聴率は、最高視聴率32.5%を記録しました。

また、この年の「第53回NHK紅白歌合戦」において、初の紅白ゲスト審査員を務めており、2005年の「第56回NHK紅白歌合戦」においては初の紅白司会も務めています。

その後、仲間由紀恵さんは紅白司会を57・59・60回でそれぞれ務めており、計4回務めています。2006年には、NHKの大河ドラマ「功名が辻」に山内千代という山内一豊の妻役で主演を果たします。

2007年には、新橋演舞場での「ナツひとり-届かなかった手紙」で初座長公演を務めています。

さらに、2008年には日本テレビ系列の「24時間テレビ「愛は地球を救う」」でチャリティーパーソナリティーを初めて務めました。

2011年には関西テレビ制作のドラマ「美しい隣人」に主演。このドラマで仲間由紀恵さんは悪役を演じ、役柄の新境地を開きます。
そして2014年、TBS系列の「第56回日本レコード大賞」において、レコード大賞司会を初めて務めました。

そんな仲間由紀恵さんは、結婚から約1年半経った2016年1月頃に妊活を始めたそうです。

結婚当初から子供が欲しいと願っていた仲間由紀恵さんでしたが、仕事のオファーが絶えないため妊活に励む時間が無く、この頃から「しばらく大きな仕事を入れないように」仲間由紀恵さん自身が事務所にお願いしたようです。

ただ、なかなか妊娠に至らなかった仲間由紀恵さんは、2016年11月頃にドラマにも少しずつ復帰していきます。

そんな仲間由紀恵さんは、妊活開始から約2年が経った2018年3月1日に待望の赤ちゃんを授かりました
今後はお身体を大事にしていただき、元気な赤ちゃんを産んでほしいなと思います。

>>不妊治療・妊活をした芸能人・有名人一覧はこちら

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 妊活 成功談

    2017-1-9

    体外受精を決意。そして妊娠。その内容は・・・【体験ブログ】

    医師から体外受精へのステップアップを勧められ・・・ 私は「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診…
  2. 【不妊治療体験ブログ】

    2017-10-11

    タイミング法の成功率を上げる10つのポイント!

    少しでも妊娠の確率・成功率を上げるために出来る事 タイミング法は不妊治療・妊娠の為の最もスタン…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る