私が第一子を妊娠したとき、「男女の産み分けが可能になった!」といった類の書籍が相次いで出版されました。

私は、第二子も欲しかったので早速これらについて勉強してみよう!と思ったのです。
妊娠中は、読書時間がたっぷりある時期でもあるので・・

自分の子供の性別を自分で選ぶことができるとしたら、私は女の子が欲しいと思っていました。
第一子の性別は、その時、男の子であるということが分かっていたためです。

その当時、勉強して分かったことの1つは、「男女産み分けを行っている病院ある」ということでした。

近隣で探してみたところ、一ヵ所だけ見つかりました。
今ではおそらく全国的にもっと増えている事と思いますが、私が住む北海道ではまだまだ数が少ない状況です。

しかし、子供の数が少なくなってきており、「少なく産むからには自分が望む性別の子を」と願う親が増えてきている可能性もあり、男女産み分けについて調べる人は少なくないような気がします。

私が勉強した中でもう1つ分かったことは、「ゼリーを使用して男女の産み分けをする」ということです。
ピンクゼリーは女の子を、グリーンゼリーは男の子が授かるようになっており、ゼリーを性行為前に膣内に挿入するという使い方になっています。

最近は、このゼリーをネットで購入することができるようになったというのですから驚きです。

とはいえ、ネットで購入できるくらいですから、コンドームのように「絶対ではない」ということも想像できます。
男の子が欲しい場合は、膣内をアルカリ性にする必要があり、女の子が欲しい場合は酸性にする必要があるということから、ピンクゼリーとグリーンゼリーはこの理論に基づいて作られています。

このことから、ゼリーに頼らない「産み分け」もできるということがわかりました。

酸性といえば「お酢」が思い浮かびます。そしてアルカリ性といえば「重曹」があります。
これらはいずれも口に入れても問題のないものです。
これらを使った産み分け法も、実際に存在するという事が分かったのです。

私はこの方法を実践してみました。
結果は「失敗」でした。

とはいえ、第二子も第一子同様、愛おしい宝物になったということは言うまでもありません。

いずれの方法についても産み分け成功率は100パーセントではありません。

海外では、産み分けの技術や情報がより豊富なようですね。

中でもタイは医療先進国であるため、タイで産み分けをする日本人が増えてきています。
このように、私が産み分けについて勉強していた頃に比べて、今、日本では産み分けの情報も格段に増えてきたと感じます。

産み分けに対する意見はさまざまですが、継承問題など深刻な事情による産み分けも無いとは言えず、個人の意思を尊重することができる時代になったのだという証なのかもしません。

産み分けなら「ハローベビー潤滑ゼリー」

産み分けに関しては迷信・ジンクスも世の中にたくさん存在しています。
もちろんそれらも効果があるのかもしれませんが、その前にしっかりと科学的に産み分けすることをお勧めします。

そんな中、貴方が強く産み分けを望むなら、現状おすすめ出来るのは「ハローベビー潤滑ゼリー」一択です。

ph値の調整を行い、膣内の酸性度や精子の状況を産み分けがしやすい環境にしてくれるだけではなく、精子を男性から女性に届けやすくしてくれるので妊娠率そのものも上がるからです。

そして何よりも日本製品という「品質と安全性の高さ」が魅力ですね。

国産の高品質な「ハローベビー潤滑ゼリー」で産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

これだけの機能をもっているのにリーズナブルなのもポイント高しです。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2016-12-20

    現在妊娠7ヶ月の初妊婦です。タイミング療法で妊娠しました。【体験ブログ】

    地元で有名な不妊治療クリニックの門を叩きました。 子供が欲しいと思い基礎体温を測り、排卵日を予…
  2. 不妊治療

    2016-7-31

    20代後半で結婚。妊娠するまでに2年以上はかかりました。【体験ブログ】

    私は結婚した時は20代後半でしたが、結婚と同時に不妊治療を始めました。 私が不妊治療を始めた理…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る