私たち夫婦は跡継ぎの男の子がどうしても必要でした。【産み分けブログ】

男の子の生み分けを行うことにした私たち夫婦は、いろいろと調べた結果3つの方法を行いました。

実家が昔から代々続く、老舗食品メーカーであり跡継ぎという視点から見てどうしても男の子がほしいと私の両親や親族から強く言われていた影響もあり私たち夫婦は男の子がどうしても必要でした。
少し特殊な環境下でありますので、男の子がほしいという理由も現実的な部分が入り混じっているのですが、跡継ぎ問題は企業の存続に深く関わる要素ですので、重要なことでした。

跡継ぎ問題という件も相まって、男の子の生み分けを行うことにした私たち夫婦は、いろいろと調べた結果3つの方法を行いました。

結果的に、産み分け効果があったのかわかりませんが男の子が1人生まれることとなりました。

産み分けに行ったことの1つに、タイミング方法でした。

男の子を生み分けるうえで一番重要なY精子の特徴ですが、Y精子はX精子に比べてアルカリ性に強い性質があり、また酸性に弱い性質でX精子に比べて生命力が低いということがあるとわかりました。
そのうえで、排卵日の前に性行を行うことを意識して取り組みました。

産み分けに行ったことの1つに、体温の記録をつける方法でした。

排卵日の前にセックスをすることで男の子を生み分けることにしたのですが、肝心の排卵日をできるだけ正確に知る方法として医師から教えてもらったのは、基礎体温を毎朝記録することと言われました。
朝起きてすぐに体温を測ると排卵による体温の上昇かどうかを把握することができると知りました。

これまでは、風邪で熱が出たときにした使用しなかった体温計ですが、妊娠用に下二ケタまで測定できるタイプの体温計を購入し記録を付けました。

記録をつけることで、1月の間に高温期と低温機が交互にきており、排卵日が体温の周期により正確にわかるようになりました。

産み分けに行ったことの1つに、食事方法でした。

食べ物から体内の性質をアルカリ性や酸性にコントロールすることで男の子ができやすい状態にする準備を行いました。

主に男の子がほしい私たち夫婦は、夫に酸性の特徴をもつ肉や魚などを主に口にするように心がけ、妻である私は、アルカリ性の特徴をもつごぼうやきゅうりなどの野菜を食べるように心がけました。

肉食系と草食系という風に見える食事内容ですが、バランスよく栄養を意識しながらも食事をとる生活を妊活前の3か月ほどから行いました。

もちろん身ごもってからも大きく食生活は変えることなく続けていました。

継続することで体質も変化するので途中で気持ちを切らさず夫婦二人で取り組めたのがよかったと思います。

産み分けなら「ハローベビー潤滑ゼリー」

産み分けに関しては迷信・ジンクスも世の中にたくさん存在しています。
もちろんそれらも効果があるのかもしれませんが、その前にしっかりと科学的に産み分けすることをお勧めします。

そんな中、貴方が強く産み分けを望むなら、現状おすすめ出来るのは「ハローベビー潤滑ゼリー」一択です。

ph値の調整を行い、膣内の酸性度や精子の状況を産み分けがしやすい環境にしてくれるだけではなく、精子を男性から女性に届けやすくしてくれるので妊娠率そのものも上がるからです。

そして何よりも日本製品という「品質と安全性の高さ」が魅力ですね。

国産の高品質な「ハローベビー潤滑ゼリー」で産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

これだけの機能をもっているのにリーズナブルなのもポイント高しです。




>>安全&お手軽に男女産み分け「ハローベビーゼリー」

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2017-10-19

    不妊に効くお茶・飲み物ランキング!妊活におすすめの飲料♪

    ノンカフェイン!おすすめのお茶・飲み物ランキング! 不妊治療中、妊活中の飲み物はとっても大事。…
  2. 不妊治療 体験ブログ

    2015-9-14

    ブログ一覧まとめ:私の不妊治療体験記

    辛い不妊治療を乗り越え、妊娠出産した先輩ママの体験談をブログ形式で更新中♪ 晩婚化が加速度的に…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る