妻と私が不妊治療を始めた理由とキッカケ 【不妊治療体験ブログ】

妻の不妊治療に付き添い、不妊治療を開始しました。

「赤ちゃんが欲しい」、会社から帰宅したばかりの私に、いつになく真面目な顔で、妻がそう訴えたのは、東京の中心部で暮らし始めてから、ちょうど結婚5年目のことでした
一回り歳下の妻は、当時33歳になっていました。

「30を過ぎるまで子供はいらないからね」、なんて強情はって仕事も遊びも、それから旅行も満喫していた妻と私でした。
妻の大学の同級生たちは、次々に子供を産み、小学生になる子もいたりで、育児に悩みながら毎日の生活を送っています。

同窓会で子供へのあこがれが・・・

そんな現実を、ミニ同窓会の宴席で聞いてきた妻の内面に、ある変化が起きました。
子供を生むなら早い内がいい、なぜなら、育児に必要な体力や気力もそうですが、歳を追うごとに、高齢出産のリスクが高まることを理解したからです。

同窓会で友達の話を耳にして、少し焦りを覚えたこともありました。

妻の持病?「激しい生理痛」が実は・・・

とはいえ、「まだ33歳じゃん、排卵日目指してがんばればできるよね」、そんな軽い気持ちでいたことは、確かです。
ですが、それから何度がんばってみても、妊娠の兆しは一向に見えず、それに増して、持病なのか、激しい生理痛に襲われ、倒れ込むこともしばしばありました。

この激痛の原因が、妻が妊娠できない理由であることを、後々、不妊治療を行った中央区銀座のクリニックも、また翌年、激痛で一週間ほど入院した、お茶の水の大学病院でも、発見できなかったのです。
妻が不妊治療を始めたのは、35歳の時です。

当時、不妊治療に関する知識がなかった私は、1回か2回やれば妊娠するだろう、くらいに考えていました。
やがて、その考えがとんでもなく甘かったことを、思い知らされることになるのです。

東京都在住
K・Mさん

  1. 第1回「妻の不妊治療に付き添い・・・
  2. 第2回「不妊原因不明のまま、・・・
  3. 第3回「妊娠発覚も・・・

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 鍼灸

    2017-3-21

    漢方で「温活」して妊娠成功!【体験ブログ】

    私は約2年間、妊活に取り組みました。 妊活といっても方法は様々、今ではネットで検索すれば良くも…
  2. 2人目不妊

    2017-4-18

    タイミング法を実践して妊娠。コツと私なりの方法。【体験ブログ】

    まず基礎体温を測ることから始めることにしました。 タイミング法を実践しながら妊娠した話です。 …

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る