妊娠発覚も、切迫流産。これからも不妊治療は継続します。【不妊治療体験ブログ】

卵巣嚢腫?子宮内膜症?

銀座1丁目のクリニックの初診で、生理中の基礎体温が急に高くなり、すぐ下がっていることを疑問に感じた先生から、「もしかしたら子宮内部かその周辺で内出血を起こしているかもしれない」と言われ、MRI検査を行うことになりました。

結果、場所は正確に覚えていませんが、卵巣の裏側あたりが腫れていて、中に生理中の血が溜まっていることが判りました。
「断定は難しいが、これが不妊と生理中の激痛の原因かもしれない」、とのことでした。

早急に入院手続き開始

すぐに都内の主な大学病院へ連絡し、検査と手術をお願いしたのですが、どこも病棟がいっぱいで、手術・入院まで半年以上かかると断られました。
それでも藁をもつかむ思いで、空いている病院を探し続けたところ、お茶の水にある杏雲堂病院が唯一受け入れてくれました。

杏雲堂には産婦人科はなく、婦人科で対応してくれることになり、検査の結果、腹腔鏡による摘出手術を行うことになりました。
この時の入院手術代は15万円ほどでした。

手術後にやっと人工授精開始・・・すると!

術後、傷口が落ち着くまで3ヶ月ほど不妊治療を中止することになり、3ヶ月目に、再び銀座1丁目のクリニックで、初めて人口受精を行いました。
前回の件がありましたから、1回目で妊娠するとは思っていませんでしたので、次の生理予定日が近づいてきたある夜、近所のイタリアンで、お預けにしていた無事退院の祝杯をあげました。

帰宅した後で、妻が私にこういいました。「明日、会社の健康診断でレントゲンがあるけど、受けない方がいいかなあ」、と。
もしかしたら、の場合、X線はよくありませんから、今回は断るよう妻に話し、明日妊娠検査薬を買って帰る約束をしました。

がしかし・・・残念な結果に

翌日、妻がトイレから出てきて、最初にしたことは、私に向かって、快心の笑顔とVサインでした。
妊娠が確定して、駿河台にある浜田病院に通い始め、喜んでいたのも束の間、妻は強度の切迫流産になってしまい、1ヶ月の入院と絶対安静を強いられてしまいました。

この時、私が思ったことは、子供が産まれるってことは、ほとんど奇跡なんだ、という事実でした。

まだまだ、私たち夫婦の不妊治療は続いていきます。
一度人工受精にて妊娠まではいったのですが、年齢の事もあり今後は体外受精を中心に治療を進めていこうと思います。

一番辛いのは妻ですので、しっかりと支えていこうと思います。

東京都在住
K・Mさん

  1. 第1回「妻の不妊治療に付き添い・・・
  2. 第2回「不妊原因不明のまま、・・・
  3. 第3回「妊娠発覚も・・・

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 子宝神社

    2017-9-24

    仙台にある定義如来西方寺で子宝祈願で妊娠成功!【体験ブログ】

    私は、第一子を妊娠する前に、仙台にある定義如来西方寺というところに行ったことがあります。 …
  2. 2015-11-23

    冷え性は妊娠の大敵!漢方で対策・改善しよう。

    冷え性は妊娠にとって大きな障壁 日本女性の多くが悩む「冷え性」。 この冷え性は妊娠にとって、…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る