二人目子作りのタイミングはとっても難しかったです。【体験ブログ】

現在二人の子供を持つ母親です。一人目は結婚してすぐ子供を授かれました。

二人目は流産もあり、とても落ち込みましたが、結果的にに二人目を授かり今年無事に出産しました。
私がしていたことは、妊活中から葉酸を摂るように心がけました。

一人目の時は葉酸も取らず、どちらかといえば偏食で貧血になり、鉄剤を処方されていました。

二人目の妊活中から葉酸を飲み始め、鉄分も入ってるサプリメントのタイプでしたが、一度も貧血になることはありませんでした。

二人目は子作りのタイミングが本当に難しく、さて今日だ!と思っていてもなかなかうまくいきませんよね。

ましてや、絶好のタイミングとは、1ヶ月の内の数日しかないんです。

本当に苦労しました。そんな気分ではないとかだってありますしね。
葉酸の他には、排卵検査薬を使用してました。

これは妊娠検査薬と一緒で尿も振りかけて使用します。

私は通販で購入したのですが、これはお勧めします。
排卵検査薬に尿をかけ、しばらくすると、リトマス紙のような反応が見られます。

その反応が濃くでると、24時間以内に排卵が起こるという意味です。

私はその通りに行為をして、2回目で子供を授かることができました。

それから妊活中に大事な事はなるべくストレスをなくす事です。
無くせといっても無理な話ですが、和らげる事はある程度できます。

私は妊娠しても一日仕事を休む事なく使われるだけ使われました。

何せ人手不足ですので、残業当たり前、コピー用紙、現場で使うベニヤ板も運ばされました。

元気だから大丈夫だと思われたのかもしれません。
一人目は初めての妊娠で神経質になっていたし、代わりに仕事を交換してくれるような同僚や先輩もいたので、仕事を交換してくれたら、声をかけてくれたりしました。

しかし二人目を妊娠中はひどかったので、流産しないか心配しました。

無事に産まれてきてくれてよかったと思います。

妊活は一人では出来ないし、乗り切れないので、夫婦間の話し合いは風通しを良くしておいた方がよいです。
子作りのタイミングは月に数日しかないんです。

そこに勝負を決めるには恥じらいとか、そういったものは考えていられないです。

当の私も、今日だというのを夫には事前に話してありました。

ちょっも恥ずかしいですが、夫も考えは同じだったのですんなり妊活へ進められることができました。

妊活は、時間もお金も想像以上にかかります。
毎月生理が来るたびに落ち込んだり、病院に長く通院してても妊娠しなかった時の落ち込みは結構ずっしりときます。

結婚する前にレディースドックを受けるのも一つの手だと思います。

子宮の状態から、妊娠しやすい、妊娠しにくいどちらなんだろう。
そんな疑問があるなら、レディースドックはおススメです。妊娠しにくいなら、何か対策が見つかるかもしれません。

生理不順も妊活には良くないとされてます。生理不順の方は、生理の周期を整える必要があります。
遠回りのようで、実は一番の近道なのかもしれません。結婚して2年経って子供が出来ないと不妊と言われてます。
自然に出来ればいいのですが、不妊治療しても妊娠できない方もたくさんいらっしゃいますものね。

後は規則正しい生活を心がけて、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

あまり太りすぎても妊娠する確立を下げるようです。妊娠が発覚して、心拍確認ができてから、本当に出産まであっという間です。
子供が好きで、欲しいと思っている方たちみんなが幸せになりますよーに。

赤ちゃんが授かれても、授かることができなくても、どのママも妊活して良かったと思えますよーに。
私からも妊活パワーをお送りします。皆さんあきらめずに頑張ってくださいね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 上徳寺 子宝

    2017-4-14

    京都府京都市の上徳寺で子宝祈願をして妊娠!【体験ブログ】

    私は1人目の子どもを妊娠するのに約2年ほどかかっています。 当時はまだ20代でいつかは妊娠でき…
  2. 2017-11-8

    東尾理子さんの不妊原因と治療法は?【不妊治療した芸能人】

    2017年11月、第三子妊娠発表!?東尾理子さんの不妊治療内容と妊娠、子供出産までの経緯 …

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る