私は、4人の子宝がいます。4人とも、妊活時に共通している子宝ジンクスがあります。


それは、周りの友達の妊娠や出産の話を聞いて、とてもうれしい気持ちになり私も赤ちゃんが欲しいと強く思ったすぐ後に妊娠するというジンクスです。
最初は偶然だと思っていましたが、これは妊活中の周りの友達にも共通することで、子宝ジンクスは間違っていないと確信しています。

心に感じ子宮に話しかける


妊娠や赤ちゃんが生まれたとうれしい話を聞くと、すごく素敵なことで愛おしく感じます。
その一方で、私のおなかの中にも赤ちゃんが来てほしいと強く感じている自分もいます。


1人の時間に子宮に話しかけることで、私の思いが届いているかのように1か月後にはうれしい結果が訪れます。


これは、偶然というよりは、女性ホルモンの分泌が活発になっていくことにもつながっているように感じられます。
赤ちゃんが欲しいと強く思うときには、体の温度が高くなります。


実際の体温ではなく、おなかの中が熱くなるような感覚です。
おなかの中には赤ちゃんはいなくても、卵子は存在します。

卵子に願いを伝えることで、妊娠しやすい体になっていきます。

相手を愛おしく思うこと


妊活中は相手を愛おしく思い、大切に考えることで二人の仲が深まります。
一方だけの気持ちが高まっていても、もう一方が冷めていてはうまくいきません。


お互いが熱くなることが、成功の秘訣です。
妊活は回数を増やすことよりも、内容を濃くすることで受精しやすくなります。


赤ちゃんが欲しいと言う気持ちを相手に理解してもらうい、相手も赤ちゃんが欲しいと言う気持ちを高めていきます。
うれしい知らせを話して、お互いに気持ちを高めることがポイントです。


子宝ジンクスを利用する


子宝ジンクスは、チャンス時に妊活をすることでジンクスになります。
何となく過ごしていてはうまくいきません。
チャンスを逃さないように、普段から環境を整えることが必要です。


妊活を行うと決めたら、夫婦ともに生活環境や食事のバランスを整えます。

乱れた生活は、精子や卵子に影響を与えます。
ストレスをためると、ホルモンバランスが崩れ、不妊の原因にもなってしまいます。


暴飲暴食を控え、しっかりと睡眠を取ることで、体の調子を整えていきます。夫婦が仲良くすることにより、ストレスも減っていきます。
健康な体と、お互いのことを愛おしく感じることで、妊娠できる可能性は高まります。


子宝ジンクスに乗って、妊活をすすめることがポイントです。


私の妊娠を聞いて赤ちゃんが欲しいと思い、その1か月後に妊娠した友達がいます。



同じころに結婚をした友人と赤ちゃんを見て、私たちも欲しいと話をしていたところ、翌月に二人とも妊娠することができました。
また、私の妊娠を聞いて赤ちゃんが欲しいと思い、その1か月後に妊娠した友達がいます。


その友達が次の子を出産したときには、私はすごいなと思っていたら翌月に妊娠できました。


そんな風に、子宝ジンクスはどんどんつながっていきます。


周りの妊娠を嫌な気持ちで感じるよりは、思い切り喜んで祝福してあげることで、今度は自分たちのところに赤ちゃんがくるようです。


妊活中は周りの妊娠や出産話が辛いかもしれません。
しかし、うれしい気持ちを共有し、うれしい気持ちをたくさんもらいましょう。

今度は自分に幸せが訪れることが子宝ジンクスです。

妊活サプリメント ランキング

>>妊活サプリメント選びに失敗したくないなら!
2017年最新ランキングはこちら

妊活おすすめ食材・食事一覧



関連記事

カテゴリー

人気記事

  1. Gさんの不妊治療体験ブログ【全9回】

    2017-9-25

    低体温の私がした冷え性対策4種類のご紹介。【体験ブログ】

    運動はしない、低体温の私はどう考えても妊娠しにくい身体でした。 基礎体温を測ってもあまりはっき…
  2. プレマリン

    2016-9-9

    ハローベビー潤滑ゼリーは効果ある?効果や副作用、口コミは?

    「ハローベビー潤滑ゼリー」の成功率は〇〇%!! 潤滑ゼリーによる産み分けは、産み分け方法の1つ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る