「不妊かも?」と思ったらまず最初は近所の婦人科を受診してみることをおすすめします

赤ちゃんを望んでいるけれどしばらく妊娠できない、もしかして不妊?と悩んだ時にまずはクリニックを受診してみようと考えると思います。

ただし婦人科の受診自体が初めてだとかなりハードルが高く、またどのクリニックに行ったら良いのか…など悩みは深いものです。

私も30歳のとき、結婚して子どもを望んで1年経っても出来なかったので同様のことで悩み、なかなか思い腰が上がりませんでした。

しかし年齢的にもゆっくりすればするだけ不利になるし、もしなにか原因があるのなら早めに治療しないといけない!と一念発起してついに不妊治療の門をくぐりました。

私が初めて行ったのは、いわゆる不妊専門のクリニックでした。

専門クリニックだとどの患者さんも不妊で悩んでいる人で、必要ならば高度医療も受けられるということで、その方が通いやすいしメリットもあると思ったのです。

ネットでいろいろ調べてクチコミで評判の良いところにしたので、初診の予約は2ヶ月先になりました。

ハラハラドキドキしなから受診しましたが、診察や必要な検査は粛々と進み、あっという間に終わりました。
結果は特に異常は見当たらないのでしばらくタイミング法をしながら、その都度必要な検査をしていきましょうということでした。

その後、毎月排卵を特定するため排卵前の時期に2~3回ほど通うことを続けました。

通院には1時間程度かかり、当時パートで仕事もしていたので結構負担になりましたが、診察はほんの5分もないくらいでした。

不妊クリニックとして人気の医院で、カウンセリング体制などもしっかりしていて安心というクチコミが多かったのが決め手で通いましたがそれはおそらく体外受精や顕微授精など高度医療に進んだ場合のことだったようです。

私はその医院でタイミング法を4ヶ月くらい続けた後、身内のことで慌しいことが続き、少し治療を休んでいる間に妊娠できました。

そして妊婦として通った近所の産婦人科が、不妊治療も行っている医院でした。

体外受精などができる設備はありませんが、とても経験豊富で信頼できる気さくで話しやすい医師と、なんでも相談できる雰囲気の助産師さんが不妊治療も担当しているようだったので、その時に初めて何も遠くの不妊専門クリニックに行かなくても、この産婦人科に相談にくればよかったなと思ったのでした。

産婦人科は健診の妊婦さんたちの姿が目立つので、不妊治療としては通いづらいとは思うのですが、その場合は分娩設備のない「婦人科」も良いと思います。
私がタイミング法で受けたエコーでの卵胞チェックは、特に不妊治療をうたったクリニックでなくても婦人科ならどこでも可能な検査です。

不妊専門クリニックはどこかに問題が見つかった場合、もしくは治療をはじめてもなかなか妊娠できずに次の段階に進みたいときに受診するのが正解だと自分の経験から感じました。

不妊治療はどうしても頻繁に通うことになるので、通院の負担を減らすためにもまず最初は近くのクリニックに相談されることをおすすめしたいです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 体験記 不妊治療

    2017-8-6

    私の妊活は定型通り。黄体機能不全を乗り越えて。【体験談ブログ】

    不妊専門病院に行って検査、卵管造影検査、タイミング指導へ 私の妊活は、いわゆる定型通りに始まり…
  2. 妊活 食事 食材 おすすめ

    2017-10-19

    妊活におすすめの食事・食材は?【まとめ】

    妊活の基本はバランスの良い食事+おすすめ食材です!【厳選12食材】 妊娠力の向上には、運動やサ…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る