33歳主婦、結婚4年目。妊娠に至った経緯は・・・【体験ブログ】

33歳主婦、結婚4年目です。主人は35歳公務員で、わたしは専業主婦です。

私たち夫婦は結婚する前から子供は3人ほしいね、そのために何年後にはマイホームをたてて…と、簡単な将来プランをよく話すことがありました。
当初は子供は授かりものですし、当たり前にできるものだと考えていました。

結婚2年目くらいから周りの友人も子供がいる人も多くなってきたし、お互いの両親からの催促もあったので、本格的に考え始めました。

私たち夫婦としても二人での生活も落ち着いてきたので、そろそろかなという気持ちもあり、避妊せずに夜の夫婦生活をするようになりました。

元々主人は淡白なほうなので、夫婦生活は大体週に1回程度でした。

その頃は特に知識もなかったのでタイミングも計らず時間があるときに行う、というスタンスでした。

しかし結婚3年目を過ぎたあたりで避妊せずにいて妊娠しないのはおかしいのかな、とだんだん不安に感じ始めました。

調べてみると、妊娠を希望して1年以上避妊せずに性生活を送っているにもかかわらず、妊娠しない状態は不妊症だという定義があるようで大変驚きました。
あまりにいままで自分がのんきに考えていたのか実感しましたし、もっと真剣に考えなくてはと思いました。

ここから私の妊活が始まりました。不妊治療の病院に通うのは突然ハードルが高いので、自分で調べてできる範囲でまずはやってみようと思ったのです。

まず第一歩として夜の夫婦生活の回数を増やしたいと思いました。

恥ずかしい話なのであまり客観的な意見を聞く機会がなかったのですが、友人に聞いてみると週に1回は少なすぎるということだったので。
排卵日のタイミングを計って行うことも大事ですが、回数、というのも重要なポイントで、精神的なものが妊娠に影響するところが大きいようです。

とにかく多ければ多いほどいいもののようなのでまずはそこに重きを置くようにしました。

主人の認識が高まってきたら・・・

しかし、先述どおり主人はかなり淡白なタイプです。
そのころ丁度仕事のほうでも忙しい時期でもあり、「疲れている」と断られてしまう事も多かったです。

それよりまず、主人は不妊ということについて深刻に考えておらず、「いまにできるでしょ」くらいの認識だったのだと思います。

そこで、まずは妊活の知識、女性の高齢出産のリスクなどをさりげなく根気強く主人に話すよう努めました。
ただしあまり強くいってもプレッシャーになって男性がEDや性嫌悪になる、という話も聞いたのであくまでさりげなくです。

そうしていくうちに徐々にですが、主人の認識が高まってきて今では夫婦生活も週に4日ほどになりました。
心なしか主人との仲も以前に増してよくなっている気がします。

さらに妊活について調べているようで、タイミング法やサプリメントの摂取も行ってみようと提案もしてくれました。

そうしているうちになんと!妊娠することができました。

とても初歩的ですが夜の夫婦生活を増やすという妊活、体や精神的な負担も少ないですし、おススメです。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2015-11-23

    冷え性は妊娠の大敵!漢方で対策・改善しよう。

    冷え性は妊娠にとって大きな障壁 日本女性の多くが悩む「冷え性」。 この冷え性は妊娠にとって、…
  2. 2017-10-19

    不妊に効くお茶・飲み物ランキング!妊活におすすめの飲料♪

    ノンカフェイン!おすすめのお茶・飲み物ランキング! 不妊治療中、妊活中の飲み物はとっても大事。…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る