血中のホルモン濃度を検査

血中ホルモン検査・測定とは、その名の通り血中のホルモン濃度を検査し、排卵に関する検査をする事が目的で行われます。
排卵障害の原因追究等行われる事がほとんどで、不妊治療の初期段階に検査することが多いので、心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

この血中ホルモン検査・測定によって、排卵に関する多くの不妊症原因の特定が可能なのです。
ホルモンというものは妊娠・出産にとって非常に重要な要素であり、不妊の原因がわからない方はぜひとも血中ホルモン検査・測定を受けましょう。

血中ホルモン検査・測定で何がわかるの?

血液中のホルモンを調べることによって正常にそれらが分泌されているかを判定します。
主に検査・測定されるホルモンは以下の通り。

  • PRL(プロラクチン)
  • FSH(卵胞刺激ホルモン)
  • LH(黄体化ホルモン)
  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
  • AMH(抗ミューラー管ホルモン)
  • 甲状腺ホルモン(T3,T4)

これらのホルモンは排卵に関する非常に重要なホルモンであり、卵胞や卵子に関するものや子宮内膜を厚くさせるホルモンなど、どれをとっても大事なものだと言えます。
このホルモンの濃度を血中から検査して、不妊の原因を特定していきます。

この血中ホルモン検査・測定でわかる不妊症は

  • 排卵障害
  • PCO(多嚢胞性卵巣症候群)
  • 黄体機能不全
  • 高プロラクチン血症

これらの不妊症原因を特定することが出来ると言われています。

血中ホルモン検査・測定の費用・金額は?

血中ホルモン検査・測定は1000円~10000円の費用・金額(保険適用)が一般的なようです。
上記のとおり保険の適用認められていますし、さらには市民病院や不妊治療病院などの病院の種類によって変わってくるので一概にも言えませんが大体この程度で検査できます。

また、ホルモンの値によっては脳の下垂体の病気もわかります。
このように比較的安価に、痛みもなく、多岐にわたる不妊原因の特定につながる血中ホルモン検査・測定ですので、不妊治療を始めたい方は、お医者さんと相談の上でここら辺から始めていくと良いかもしれませんね。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 子宝神社

    2017-9-24

    仙台にある定義如来西方寺で子宝祈願で妊娠成功!【体験ブログ】

    私は、第一子を妊娠する前に、仙台にある定義如来西方寺というところに行ったことがあります。 …
  2. 体験記 不妊治療

    2017-2-18

    2人の子供を産んだ私のおすすめ妊活4種【体験ブログ】

    一人目も二人目も妊娠するまでに行った私の妊活 今、現在妊活を経て二人目妊娠中ですが、晴れて妊娠…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る