クロミッド(クロミフェン)とはどんな薬?

不妊治療や不妊症、そして妊活でいろんな雑誌や本、ネットを見ているとよく出てくる薬に「クロミッド(クロミフェン)」というのがありますよね。
ちなみにセロフェン、フェミロンと呼ばれるお薬は、クロミッドと同じ成分であり、製造している会社が異なるだけです。

このクロミッドは主に排卵障害にて不妊症を患っている女性へ向けた薬です。
クロミッド(セロフェン、フェミロン)は排卵誘発剤としては非常にメジャーな商品であり、排卵障害で悩んでいる方や体外受精で排卵を誘発しようとされている方の間ではとっても有名な薬です。

排卵が正しく行われることは超重要

自然な妊娠の為には、女性が正常に排卵を行っている事が大前提となります。

その排卵には性腺刺激ホルモンが大きく関与しており、これらの性腺刺激ホルモンが不足すると排卵が行われなくなってしまうのです。

排卵が行われなければ妊娠は望めません。

この排卵が行われない原因は様々ですが、治療としては主に性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン)の分泌促進がメインとなってきます。

排卵がしっかりと行われず、不妊に至るケースは実は非常に多く、たくさんのカップルが排卵障害で不妊になっているのが現状です。

これらの症状を改善するためにクロミッド(クロミフェン)のような排卵誘発剤が用いられています。

クロミッド(クロミフェン)の作用・効果は?

クロミッド(クロミフェン)の作用は、その性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン・黄体ホルモン)の分泌を増やすことです。

クロミッドの主成分が視床下部の脳下垂体に直接働きかけることで、黄体形成ホルモン(LH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)などの性腺刺激ホルモンの分泌を促進し、卵の成熟を促して、結果として排卵を行わせるのです。

排卵が起こらなかった方が、このクロミッドを服用して排卵が起きるわけですから非常に大きな効果と言えるでしょう。

このクロミッドによって子宝に恵まれたカップルの数は図り知れないといっていいでしょう。

これだけの効果があるクロミッド(クロミフェン、セロフェン、フェミロン)ですが、やはり副作用も存在します。
次回以降、クロミッドの副作用はご紹介しますが、しっかりと事前に認識してから服用するようにしましょう。

関連記事


葉酸不足 影響 サプリメント>>【超重要!】妊活中の葉酸不足は絶対ダメな理由とは?【必読】


子宝ジンクス まとめ一覧

妊活 サプリメント ランキング本当に効果があるのは?コスパが良いのは?
>>【2018年最新】妊活サプリランキングはこちら!

カテゴリー

人気記事

  1. 2016-12-20

    現在妊娠7ヶ月の初妊婦です。タイミング療法で妊娠しました。【体験ブログ】

    地元で有名な不妊治療クリニックの門を叩きました。 子供が欲しいと思い基礎体温を測り、排卵日を予…
  2. Cさんの不妊治療体験ブログ全7回

    2016-9-30

    ブライダルチェックで子宮内膜症発覚。私が妊娠出来るまで。【体験ブログ】

    25歳での結婚。今の社会では比較的早いほうだったのではないかと思います。 しかし出産までは長い…

最近の投稿

カテゴリー

【重要】サイト利用時の注意点

この度は「不妊治療ナビ.jp」にアクセスいただき誠にありがとうございます。
このサイトの目的は不妊治療中、妊活中、ベビ待ちの方々へ向けてあらゆる情報を提供し、幸せな結果が出ることを望んで作られています。

なお、このサイトに掲載中のすべての情報(不妊治療情報、治療法、原因、症例、症状、検査法、特定の個人の不妊原因とその治療法、妊活情報等、その他掲載中のすべての情報)は、管理人独自が調べたものであり、医学的科学的な根拠に乏しい事をご理解のうえ、ご利用をお願いします。必ず病院へ出向き医師の判断と診断にも続いて判断をしてください。

内容に関する苦情、クレームは一切受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る